高杉晋作像 平成15年7月25日

高杉晋作 たかすぎ・しんさく

天保10年8月20日(1839年9月27日)〜慶応3年4月14日(1867年5月17日)

山口県萩市郊外の萩往還公園(道の駅)でお会いしました。


長州藩士・高杉小忠太こちゅうたの長男として生まれました。
藩校・明倫館めいりんかん吉田松陰の松下村塾、更に江戸に遊学して昌平黌しょうへいこうに学びました。
文久2年(1862年)幕艦・千歳丸せんざいまるで上海に渡る。
この時、西洋列国の圧力で半植民地化した上海居留地を見て強い危機感を抱いて帰国しました。
帰国後、久坂玄瑞伊藤博文井上馨らと品川御殿山のイギリス公使館を焼討ちし、また、藩論の航海遠略策を批判しました。
文久3年、萩藩の下関における攘夷決行に対する英仏艦の反撃に際し、下関の防備を委任され奇兵隊を組織。
これは、吉田松陰に学んだ西洋歩兵制や清国で見聞した太平天国たいへいてんごく軍にならったものといわれています。
この後、脱藩の罪により一時入獄。
翌元治元年(1864年)の四国連合艦隊下関砲撃事件では、出獄して藩の正使として講和に応じました。
幕府の征長軍組織化にともなって藩の保守派が実権を握ると再び脱藩し、同年末から翌慶応元年(1865年)にかけて諸隊を率いて下関で挙兵、保守派を倒しました。
10月に下関で旧知の坂本龍馬に会い、上海行の際に入手した拳銃を贈りました。
この拳銃は、のちに寺田屋の遭難の時に龍馬が発砲したものです。
慶応軍制改革に参与。
慶応2年の第二次長州戦争では海軍総督・馬関海陸軍参謀として活躍しましたが、戦後まもなく下関で病死しました。
享年29歳。

(平成16年8月10日改訂)


久坂玄瑞・吉田松陰・高杉晋作の銅像

萩往還公園に建つ銅像
(山口県萩市)

右:久坂玄瑞
中:吉田松陰
左:高杉晋作


(平成15年7月25日)

高杉晋作誕生の地


高杉晋作誕生の地
(山口県萩市)

ここは入場料100円を取られます。


(平成15年7月25日)
旧宅

高杉晋作略伝

名は春風はるかぜ、字あざは暢夫ちょうふ、晋作は通称でありますが、最も広く知られています。
また谷梅之助、谷潜蔵の変名もあり、東行とうぎょう、西海一狂生、東生一狂生などと号していました。
天保10年(1839)8月20日萩藩士高杉小忠太、室道子(大西氏の出)の長男としてここ萩菊屋横丁の宅で生まれました。
幼少の頃私塾に学を習い、やや長じて明倫館に文武を学び、また松下村塾に入り松陰の指導を受けました。
文久元年(1861)藩主世子の小姓役に抜擢せられ翌2年幕使に随行して上海に渡航する機会に恵まれて海外諸情勢をつかみ帰朝後攘夷の急先鋒として活躍しました。
文久3年馬関の外国船攻撃にあたり自ら奇兵隊を組織し、同隊総監を命ぜられました。
奇兵隊は日本では、はじめての士農工商を問わない国民的軍隊で、後これにならうもの続出して長州藩の反幕府勢力軍事的基盤として明治維新戦争に大きな働きをしました。
ついで一時脱藩し罪を得て野山獄に入りましたが元治元年の四国連合艦隊の馬関来襲にあたり許されて再起用され、講和条約の正使となって堂々と交渉して国土の危急を救いました。
禁門変後藩首脳は俗論党により占められたため、晋作は九州に亡命しましたが、時至ってふたたび奇兵隊を指揮し、長府功山寺に軍を起こし、疾風の勢いで諸地に転戦し俗論党を一掃いたしました。
第2回長州征伐を前に薩長同盟に尽力し慶応2年第2回征長軍を迎えて、全藩を指揮し、みずからは小倉口を攻めて、縦横の機略を駆使して連戦連勝しましたが、翌3年4月14日、享年29歳で赤馬関に病死し、下関市吉田清水に葬られました。
明治24年生前の功労に対して正四位を贈られました。

※この旧宅について

この旧宅は、家禄200石を受けていた、父 高杉小忠太宅で、現存する当時の建物は座敷(六畳床間付)次の間(六畳)居間に(六畳、四・五畳)小室に(三畳)のほかに玄関、台所があります。
土蔵納屋もありましたが、現存しておりません。
庭園に鎮守、裏庭には井戸がそのまま残っております。

萩市内の関係史跡

一、高杉暢夫墓(遺髪墓) 椿東椎原東光寺台墓地
一、明倫館跡 江向
一、松下村塾 椿東区松下
一、萩城跡

(備考)
なお萩市以外の主な関係としては、
高杉晋作墓(下関吉田清水山国指定史跡)
奇兵隊挙兵地(下関市長府功山寺)
大田絵堂戦跡(美称郡美東町)などがあります。

(説明板より)


訪問記

高杉晋作旧宅を訪れたのは萩に到着した直後の夕方のこと。
表に「入場料100円」の表示を見て敷地内に入ったのですが、受付場所が見当たらない。
庭を覗いて、写真を撮っていたら・・・・
「あんた!100円払ってないでしょ!」と後からいきなりオバサンの声。
(いきなり、そういう言い方はないでしょ?)
「すみません、どこで払ったらいいのかわからなかったので・・・」と謝る。
ムッとしているオバサンに100円渡したら門の横の小箱にチャリン!(こんなところにあったとは・・・わかるわけないだろ!)
100円渡した途端に「さぁ、出てください!」とのこと。
まだ、庭から見た建物の写真と説明板を撮影しただけ・・・・
敷地内に入って3分もたっていませんよ!
しかも、閉館時間まではまだ20分もあるじゃない!
しかし・・・何を言っても無駄。強制的に追い立てられて追い出されてしまいました!
オバサン曰く「あたしは今から買い物に行くんだから!」
あっという間に門を閉めて自転車に乗って去っていきました。
(唖然・・・・まだ何も見ていないのに・・・100円取られた!)
萩には2泊しましたが、ここには二度と来るもんか!と心に誓ったのでありました。(笑)

(平成15年7月25日訪問)


練兵館跡



神道無念流 練兵館跡
(東京都・靖国神社内)





(平成19年1月11日)

幕末志士ゆかりの練兵館跡

この練兵館れんぺいかんは、神道無念流しんどうむねんりゅうの剣客 斉藤弥九郎さいとうやくろうにより、それまで俎まないた橋付近にあった練兵館が天保9年(1838年)の火事で類焼したため、この地に再建され、その後約30年間隆盛を誇った。
練兵館には高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)、品川弥二郎など幕末の志士が多数入門し、特に桂小五郎は剣の腕前も優れ、師範代もつとめている。
また、伊藤俊輔(伊藤博文)も出入りしていたといわれる。
なお、この練兵館は千葉周作(北辰一刀流)の玄武館、桃井春蔵(鏡新明智流)の士学館とともに、幕末三道場といわれている。

(説明板より)


東行暢夫之墓


東行暢夫之墓

(山口県萩市東光寺墓所)

高杉晋作の遺髪墓です。



(平成15年7月26日)

高杉晋作の墓



高杉晋作源暢夫之墓
(京都市・京都霊山護国神社)





(平成19年3月17日)

 (関連商品のご紹介)

高杉晋作  奇兵隊


 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO