田中光顕像 平成17年2月6日

田中光顕 たなか・みつあき

天保14年9月25日(1843年10月18日)〜昭和14年(1939年)3月28日

茨城県東茨城郡大洗町・幕末と明治の博物館でお会いしました。


土佐国生まれ。
元治元年(1864)脱藩して勤皇運動に参加し。
武市瑞山に師事し勤王党に属す。
のち中岡慎太郎に兄事し陸援隊に加わる。
維新後、明治政府に出仕し、岩倉遣外使節団の理事官として外遊。
以後、陸軍会計監督長、陸軍少将、恩給局長、内閣書記官長、元老院技官、会計検査院長、警視総監、宮中顧問、学習院院長、宮内大臣を歴任。
11年大臣職にあり宮中に大きな影響力を持つ。
退官後は維新烈士の顕彰に余生を捧げ97歳で没する。


田中光顕伯像

田中光顕伯銅像
(茨城県東茨城郡大洗町・幕末と明治の博物館)

昭和5年9月25日建設
常陽明治記念館設立者

(説明板より)

(平成17年2月6日)

蕉雨園


田中光顕旧居

(東京都文京区関口2丁目・蕉雨園)

「催し物関係者以外の方の入園はご遠慮下さい」との札が立っているので、一般の人の立ち入りは禁止されているようです。



(平成18年3月11日)

田中光顕の墓



従一位勲一等 田中光顕之墓
(東京都文京区・護国寺






(平成18年12月23日)

 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO