艦上攻撃機・天山


【艦上攻撃機「天山てんざん」】

九七式艦上攻撃機の後継として、昭和14年(1939)、海軍は中島飛行機に対し、十四試艦上攻撃機の試作を命じた。
海軍側は発動機として既に実績があった三菱製の「火星」を推していたが、中島側は自社で開発した「護」を整備、改修が容易に行えるからと推し、最終的に中島側の意見が通り、発動機は「護」となった。
しかし、実用化実験の段階から問題が頻発し、発動機「護」搭載の「11型」は130機の生産で中止となり、「火星25型」発動機に換装した「12型」が生産の主力となった。
本機は太平洋戦争中盤以降に本格的に登場したため、熟練した搭乗員の減少、日本機動部隊の壊滅的な状況により、その真価を発揮することができず、特攻機として多く使用された。

(「天山」11型)
採用時期:昭和18年(1943)8月
製造:中島飛行機
搭乗員:2名
発動機:護11型(空冷星型14気筒・1800hp)
最大速度:465キロ/時・高度4800m
上昇時間:高度5000mまで11分1秒
上限高度:8650m
飛行距離:1460km
武装:7.7mm機銃×1、7.7mm旋回機銃×1、魚雷800kg×1または爆弾800kg×1または500kg×1または250kg×2または60kg×6

(「天山」12型)
発動機:火星25型(空冷複列星型14気筒・1850hp)
最高速度:481キロ/時・高度4900m
上昇時間:高度6000mまで13分33秒
上限高度:9040m
飛行距離:1730km
武装:13mm旋回機銃×1、7.9mm旋回機銃×1、魚雷800kg×1または爆弾800kg×1または500kg×1または250kg×2または60kg×6

生産機数:1260機(11型・12型合計)

(参考:『歴史読本』 2012年8月号)

(平成29年4月6日 追記)


天山のプロペラ



天山のプロペラ
(鹿児島県鹿屋市・海上自衛隊鹿屋航空基地史料館)





(平成19年3月29日)

天山艦上攻撃機のプロペラ

昭和55年2月荒平菅原小学校角西約5粁沖鹿児島湾で漁船操業中底引網にかかった天山艦上攻撃機のプロペラである
提供者 鹿児島県鹿児島市高須町 山下 清

(説明板より)

海上自衛隊鹿屋航空基地史料館



海上自衛隊鹿屋航空基地史料館
(鹿児島県鹿屋市)





(平成19年3月29日)

天山のプロペラ



天山のプロペラ
(愛媛県宇和郡愛南町・南レク紫電改展示館)





(平成19年11月6日)

旧海軍艦上攻撃機「天山(12型)」

このプロペラは、昭和53年2月西宇和郡三崎町二名津沖で発見され、引き揚げられたものである。
「天山(12型)」は、太平洋戦争後半の旧海軍主力艦上攻撃機であった。
総生産機数は、1268機で、太平洋戦争中期のブーゲンビル島海戦やマリアナ沖海戦から実戦に参加した。

【要目】
乗員 3名
全長 10・78メートル
全幅 14.9メートル
全高 3.8メートル
装備重量 5.2トン
エンジン 三菱「火星」25型1850馬力
時速 492キロメートル
航続距離 1750キロメートル
武装 13ミリ機銃 1
    7.7ミリ機銃 1
    800キログラム魚雷 1 (または60キログラム爆弾 6)

(説明板より)

紫電改展示館




紫電改展示館

(愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城・南レク内)




(平成19年11月6日)

 (関連商品のご紹介)


 トップページに戻る   兵器のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO