寺内寿一 てらうち・ひさいち

明治12年(1879年)8月8日〜昭和21年(1946年)6月12日


山口県出身。
寺内正毅元帥の長男。
近衛歩兵第3連隊長、朝鮮軍参謀長を経て第4師団長を務める。
2・26事件後、広田内閣の陸相(陸軍大臣)に就任して粛清人事を行なう。
1937年(昭和12年)、”腹切り問答”で政党と衝突し、内閣総辞職の原因を作る。
日中戦争時は北支那方面軍司令官に任ずる。
太平洋戦争では南方軍総司令官。
敗戦後、シンガポールで抑留中に病死する。


寺内家墓所


寺内家墓所


山口県護国神社から200メートルくらい離れた山の斜面に寺内家の墓所があります。



(平成15年7月27日)
寺内寿一の墓



元帥陸軍大将寺内寿一墓





(平成15年7月27日)

【ニ・二六事件と寺内粛軍】

2・26事件の当時、現役の陸軍大将は10名いた。
このたびの叛乱の責任を取って全員辞職すべきであると、阿部信行(陸士9期)が発言したが、異論があり、陸士10期以下の3名は現役に留まることになった。
西義一(陸士10期)、植田謙吉(陸士10期)、寺内寿一(陸士11期)の3人である。
このうち寺内が一番好運をつかんだ。

寺内は元帥で内閣総理大臣にもなった長州人・寺内正毅の長男で、禿頭童顔のため好人物の印象を人に与えた。
実際、坊ちゃんらしい一面もあった。
原田熊雄述『西園寺公と政局』を見ると、寺内は毛並みの良さに加えて元老・重臣に受けがよく、前年の天皇機関説問題で政局が紛糾し、川島陸相の進退が云々された時、後任に「やはり寺内が一番強い」と杉山参謀次長が言っている。
この書物で見る限り、寺内はしばしば西園寺の坐漁荘へ報告に行っている。
社交にたけた一面が伺える。

こうして、全軍の輿望を荷って寺内は広田弘毅内閣の陸相になった。
広田内閣誕生の際は、陸軍がさんざん横槍を入れ、さすがの硬骨漢の広田も一時、組閣を断念するか、とまで危ぶまれたほどであった。
その陸軍横暴の先頭に立ったのが寺内であり、その寺内を自在に操ったのは省部の中堅幕僚であり、その中堅幕僚の中心的存在は陸軍省軍務局の高級課員・陸軍中佐武藤章(陸士25期)であったことはもはや通説になっている。

2・26事件の蹶起将校たちは、一君万民の理想国家を目指してクーデターを敢行した。
彼らの叫びは尊皇討奸、天皇絶対であり、天皇への叛逆などは夢にも考えていない。
しかし、天皇の激怒のさまは、奉勅命令と共に伝わり、去就の定かでなかった中央幕僚たちの態度を一変させた。
蹶起将校たちは叛徒となり、短時日の形式的な裁判を経て死刑になった。
昭和11年3月からはじまる陸軍の不当な政治介入は、天皇の御立腹の結果として起こった。
天皇の御意志は、いわゆる統制派の幕僚たちに勇気を与えた。

陰湿な謀略の上に、寺内陸相の粛軍人事が遂行された。
いかに国家にとって、須用欠くべからざる人材であっても、2・26事件の同調者、あるいは皇道派と目された人々は、すべて左遷、粛正の対象となった。
台湾軍司令官・陸軍中将柳川平助、陸軍大学校校長・陸軍少将小畑敏四郎は、その尤なるものであった。
内務省警保局が、各県の特高警察を通じて国内の情報を集めた極秘資料が『週報』と名付けられて国立国会図書館に保管されている。
その中に、7月7日頃、刑死を目前にした安田優、高橋太郎、2人の元少尉が、家族に語った聞き書きが報告されている。
「陸軍切ってのロシア通小畑の待命は、軍として大なる損失である。反面ロシアは喜んでいるだろう」(『週報』昭和11年17号)
9年後の昭和20年2月、ヤルタ協定によってソ連は対日参戦を決定する。
アッという間に全満洲を席巻し、北鮮に侵入、日本降伏後も遮二無二千島列島を占領、あげくの果ては北海道をも要求して、マッカーサーに断られている。
小畑はこうしたソ連の強引な侵略的な体質をよく知っていたのだ。
陸軍から寺内粛軍によって小畑敏四郎を失ったことは全国民の不幸であった。

(参考:須山幸雄 著 『二・二六事件 青春群像』 芙蓉書房 昭和56年第1刷発行)

(平成29年2月3日 追記)


陸軍大臣 寺内寿一の「衛生省」設置の提唱

寺内寿一が陸軍大臣時代、兵力の根源である壮丁(兵士)の体格は年々低下し、また結核死亡率は年々増加の傾向にあった。
満洲事変で、陸軍2個師団(約2万名)の兵隊を満洲に送ったところ、1個大隊に相当する約500名が結核を発病して帰還してしまった。
これらの現象は、英米による経済圧迫、浜口内閣の金輸出解禁の失敗、アメリカの恐慌の余波による生糸の暴落などによって、都市、農村ともに失業者が増加し、日常生活にもこと欠く家庭が続出したことによるものである。
よって、昭和11年7月の閣議に陸軍大臣寺内寿一は保健国策樹立の必要性を提唱し、健兵健民政策の必要上、強力な衛生行政を行なう主務官庁として「衛生省」を作ることを提唱した。
しかし、この案は内務省をはじめ各省が、機構の不備な点を突いて反対したので撤回された。
翌年6月、第一次近衛内閣が成立すると、「保健社会省」と名前が変わって提出され、日中戦争の開始がこれに拍車をかけて、昭和13年1月、「厚生省」という名称の下に、日の目を見るに至った。

参考文献:関亮著「軍医サンよもやま物語」

(平成17年7月23日追記)


フィリピン戦線を離脱した許しがたい倫理観

南方総軍総司令官・寺内寿一(大将・昭和18年元帥)は、サイゴンに司令部をおき、旧フランス総督の大邸宅で優雅に生活し、フィリピン戦線が緊張するとマニラに移動した。
だが、彼は、あくまでも(マニラは)前線指揮所であるとしてサイゴンの総司令部をマニラに移そうとはしなかった。
そして、フィリピンに火がつきはじめるとすぐマニラの「前線指揮所」を去った。
行き先はもちろん、「東洋のパリ」といわれたサイゴンである。
依然、贅沢な公館での優雅な生活を続けていた。
その彼の指揮のもと、牟田口廉也は、数万の兵士を(インパールで)全滅させ、山下奉文は部下たちとともに空腹でフラフラしながらフィリピンの山中の複郭陣地でアメリカ軍と戦ったのである。

その寺内が、驚くなかれ、自分の愛人(お妾さん)の芸妓を、陸軍軍属として、輸送機で自分の総司令部の官舎に連れ込んでいたのだ。
もちろん、日本軍の上級幹部には、現地の敵性国人(たとえばオランダ)の女性を“現地妻”ないしは愛人として囲った人間はいただろう。
だが、本土から赤坂の美貌の芸妓を軍用機に搭乗させて呼びよせたという人間は、寺内以外にまずいなかったのではあるまいか?

彼はまた、現地人に対して温情的だった今村均大将を非難している。
また、250マイルのビルマ・ロードの開発(ふつうなら5ヶ年かかる)を18ヶ月で完成させることによって、連合軍の捕虜5万のうち3分の1を死亡させている。
おそらく終戦の年の9月、脳溢血で倒れなかったら、戦犯として絞首刑はまちがいなかっただろう。

(参考:佐治芳彦 著 『太平洋戦争・封印された真実』 日本文芸社 平成9年4月10日第4刷発行) 

(平成27年3月3日追記)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO