徳川好敏像 平成20年2月21日

徳川好敏 とくがわ・よしとし

明治17年(1884年)7月24日〜昭和38年(1963年)4月17日

東京都渋谷区・代々木公園でお会いしました。


徳川好敏之像



日本航空の父
徳川好敏之像
(東京都渋谷区・代々木公園)




(平成20年2月21日)

碑文

誠実 謹厳 航空に生涯を捧げた この人が明治43年(1910年)12月19日 この地代々木の原でアンリ・ファルマン機を操縦し わが国の初飛行を行い
  飛行時間 4分
  飛行距離 3000米
  飛行高度 70米
の記録を創造して日本の空に人間飛翔の歴史をつくった

昭和39年4月17日
赤城宗徳
像作者 鋳金家 市橋敏雄

日本初飛行離陸の地




日本初飛行離陸の地

(東京都渋谷区・代々木公園)




(平成20年2月21日)
日本航空發始之地




日本航空發始之地
(東京都渋谷区・代々木公園)




(平成20年2月21日)

碑文

紀元二千六百年ヲ記念シテ此處ニ此碑ヲ建ツ蓋シ代々木ノ地タル明治四十三年十二月我國最初ノ飛行機ガ國民歓呼ノ裡ニ歴史的搏翼ヲ試ミタル所ニシテ爾来大正ノ末年ニ至ルマテ内外ノ飛行機殆ト皆ココヲ離着陸場トセリ即チ朝日新聞社ノ東西郵便飛行モ關東大震災後一時此地ヲ發着場トシソノ第一回訪欧飛行モ亦此原頭ヨリ壮擧起セリ是レ此地ヲ航空發始ノ所トナス所以三十年進展ノ跡ヲ顧ミテ感慨盡クルナシ
今ヤ皇國多事ノ秋志ヲ航空ニ有スル士■来リテ此原頭ニ俯仰シ以テ益々報國ノ赤心ヲ鼓勵スルアラバ獨リ建立者ノ本懐ノミニアラサル也

昭和15年12月
朝日新聞社

日本初飛行の地

1910年(明治43年)12月19日、当時代々木練兵場であったこの地において、徳川好敏陸軍大尉はアンリ・フォルマン式複葉機を操縦して4分間、距離3,000m、高度70mの飛行に成功した。
次いで日野熊蔵陸軍大尉も、グラーデ式単翼機により1分間、距離1,000m、高度45mの飛行に成功した。
これが日本航空史上、最初の飛行である。

日本航空発始之地記念碑
建立 朝日新聞社
設計 今井兼次
彫刻 泉二勝麿

徳川好敏之像
建立 航空同人会
彫刻 市橋敏雄

日野熊蔵之像
建立 航空五〇会
彫刻 小金丸義久

東京都
昭和49年12月

(説明板より)

代々木練兵場跡



代々木練兵場跡
(東京都渋谷区・代々木公園)





(平成20年2月21日)

1910年(明治43年)4月、陸軍の日野熊蔵大尉(陸士第10期)と徳川好敏大尉(陸士第15期)、海軍から相原四郎大尉が、飛行機の購入とその操縦の習得のためにヨーロッパに派遣された。
海軍の相原大尉は不幸にもヨーロッパで事故死。
徳川大尉はフランスでアンリ・ファルマン複葉機とブレリオ単葉機を、日野大尉はドイツでグラーデ単葉機とライセンス生産のライト複葉機をそれぞれ購入して、その操縦技術を習得した。
2人の出張は最小限で、1910年10月下旬に帰国。
飛行場は所沢が完成していなかったので、代々木練兵場を整地して使うことになった。
1910年12月19日の朝、アンリ・フォルマン1910年型で、徳川大尉は代々木練兵場を一周飛行し、日本初の公式の飛行機による飛行を記録した。
ちなみに、この飛行機の単価は8363円である。(当時、少尉の月給は40円)

参考文献:伊澤保穂著『陸軍重爆隊』

(平成21年5月9日追記)


 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO