ホテルにチェックイン

幹事さんの話では、当初は五つ星のホテルを希望していたらしいのですが・・・。
どうしても部屋が取れないというので、どんどんランクが下がって二つ星のホテルになったらしい。
二つ星のホテルのどこが悪いの?
私には、この星の数の意味がわからないんですけど・・・
ガイドさんの話では、殆どの日本人観光客は五つ星のホテルに泊まるそうな。
二つ星と言われてるホテルでも充分だと思いますけど・・・・

リバティ ワン ホテル 我々が宿泊した「リバティ・ワン」ホテルです。
これが私の部屋。
何故か団長の私の部屋のベットだけがツインベットを二つくっつけてキングサイズのダブルベットになっていました。
でもね。ベットの間に溝が出来ているので、左右のどちらか側だけでしか寝られないんですよ。
意味がないような気がします。(笑)
ホテルの部屋
ホテル前の交差点風景 ホテルの前の交差点の風景です。
青信号になった瞬間、ドドッ!とバイクの集団が走り出しました。
とにかくバイクが多いです。
排気ガスもすごいです。
やっぱりマスクは必需品かな?

ホテルは清潔。備品も揃っていました。
歯ブラシ・石鹸・シャンプーはもちろんのこと、綿棒までも用意されているのには驚きです。
(日本のビジネスホテルよりもいいんじゃない?)
ドライヤーもあります。
日本からスリッパを持ってくるのを忘れましたが、それもちゃんと用意されていました。
貴重品は部屋に備えられている”金庫”に入れます。
暗証番号を入力して開閉するタイプの金庫で、安心して預けて置けました。
パスポートだけはフロントで預かり帰国のときに返してもらいました。

このホテルのコンセントは2本のピンタイプのコンセントでした。

テレビですが、日本のNHK衛星放送を見ることができます。
これのおかげで、少しはイラクの戦争の状況がわかりました。

ホテルの女性スタッフ
ホテルのスタッフの女の子達です。
帰国後、この写真をメールに添付して送ってあげたら、お礼のメールを送ってくれました。
う〜ん、感激です。


ベトナムの通貨は”ドン(VDN)といいます。
換算は、おおよそですが、1ドン=0.008円と換算して使っていました。
つまり、1,000ドンが8円ということになります。
ベトナムでは米国ドルも使えます。
1米ドル(120円)=15,000ドンと換算して使っていました。
日本円は換金に不便です。


私は日本で50ドル以下の小額紙幣に換金して持っていきました。
1ドル紙幣は多く持っていったほうが良いと思います。
トラベラーズチェックなんですが、僕は持っていかなかったのでよくわかりません。
額が大きいと換金してくれなかったと某団員は文句をいっていました。(100ドルのT/Cだったらしいです)


数字に弱い私は、どちらかといえばドルを多用しました。
ドンだと頭が混乱しちゃうんですよ。
桁が多すぎて・・・

”枕銭”ですが・・・・
私は1米ドルを置くようにしました。(ちょっと相場より高いと思いますが・・・)
ガイドさんは「5,000ドン(40円)でも10,000ドン(80円)でも、いくらでもいいです」と言うのです。
面倒臭いので1米ドル(120円)にしちゃいました。(笑)
そのせいなのかな?
毎日の部屋の清掃は完璧でした!

”ランドリーサービス”ですが・・・
ワイシャツをランドリーに出してみました。
料金は10,000ドン(80円)+サービス料5%+VAT10%で、合計11,550ドン(約93円)
仕上がりは・・・・真っ白!フワリ!完璧!文句なし。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO