野砲兵第8連隊

(通称号:杉4738部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
弘前 明治29年 第8師団 フィリピン・ルソン島マニラ東方

明治29年、日清戦争後の軍備充実計画にもとづき仙台で編成着手。
翌年、弘前兵舎が完成。
明治31年10月1日発足。
明治32年、山砲兵連隊に改編。

明治37年6月、日露戦争に動員下令され満洲軍予備となる。
明治38年、野砲兵連隊に改編され、奉天会戦に参加。
翌年に復員し、正式に野砲兵連隊に改編。

昭和7年、満州事変に出動。(第1大隊は先発出動済み)
翌年2月から熱河作戦に参加。
昭和9年3月復員。
昭和12年、再度満洲に派遣され東満の防衛に任じる。
昭和16年7月の『関特演』では第20軍の編組に入り、東満の骨幹兵団として防衛に任じる。
昭和19年、中部太平洋方面の戦局悪化に伴い、第3大隊をエンタービー防衛強化のため派遣。
昭和19年7月、連隊に動員下令。
フィリピン・ルソン島に上陸してバタンガス地区に進出。
第1大隊は高階支隊に配属されレイテ決戦で玉砕。
第4大隊は藤重支隊に配属され、マニラ南方バダンガス地区で陣地構築。
その後、北方リパ地区飛行場周辺に移動、更に陣地変換して北方イポ地区へ進出。
昭和20年2月、第2大隊、第3大隊は河嶋兵団に配属。
連隊は本部と若干の砲兵力。
マニラ東方の複郭陣地で凄絶な戦闘を展開、弾尽き、食料尽きた中で防御戦闘続行中に終戦となる。


野砲兵第8連隊の碑



野砲兵第8聯隊之碑

(青森県弘前市・弘前市立第三中学校)





(平成21年11月2日)

碑文(裏)

明治百年
弘前市制施行80周年
昭和43年11月3日
建設省部隊関係有志

弘前市立第三中学校



弘前市立第三中学校
(青森県弘前市豊原1−3−3)





(平成21年11月2日)

野砲兵第8連隊第10中隊戦没者の碑



野砲兵第8聨隊第10中隊戦没者之碑

(フィリピン共和国ルソン島・カリラヤ慰霊公園)

平成7年9月吉日建立
野砲兵第8聨隊第10中隊生存者並びに遺族有志






(平成18年11月2日)
慰霊碑群



慰霊碑群

(フィリピン共和国ルソン島・カリラヤ慰霊公園)

旅日記参照)



(平成18年11月2日)

野砲兵第8連隊第10中隊戦没者の碑

ルソン島南部 藤兵団
野砲兵第8聯隊第10中隊戦歿者之碑

(フィリピン共和国ルソン島バグサンハン・比島寺)

昭和61年1月17日建立
第10中隊生存者有志



(平成18年11月2日)
野砲兵第8連隊戦没者の碑

第8師団(杉兵団)
野砲兵第8聨隊戦歿者之碑

(フィリピン共和国ルソン島バグサンハン・比島寺)

昭和62年11月吉日建立
野砲兵第8聨隊比島会



(平成18年11月2日)
比島寺



比島寺

(フィリピン共和国ルソン島・バグサンハン)


旅日記参照)


(平成18年11月2日)

 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO