山梨勝之進像

山梨勝之進 やまなし・かつのしん

明治10年(1877年)7月26日〜昭和42年(1967年)12月17日

神奈川県横須賀市 「記念館三笠」の艦内でお会いしました。


山梨勝之進は明治10年7月26日に仙台藩上士の長男として生まれ、仙台東華中学を経て海軍兵学校に入ります。
明治33年6月、英国で建造された戦艦・三笠を日本に運ぶ回航委員として英国に出張し、日露戦争にも従軍しました。
昭和3年12月には海軍次官となり昭和5年(1930年)のロンドン海軍軍縮会議では調印に尽力し、海軍内の条約派として知られた人物でしたが昭和8年3月には大角[おおすみ]人事で予備役に編入されました。
昭和14年10月から昭和21年10月まで学習院の院長を務め、昭和天皇の訓育にも関与し、第二次世界大戦後の天皇の「人間宣言」にも関係したといわれています。
昭和42年12月17日に没しました。


山梨勝之進は海相になる器といわれた人でしたが、昭和5年、海軍次官の時の”統帥権干犯事件”のために、海軍の主流から外されてしまった悲運の人でした。


山梨勝之進・略年譜
明治10年 1877   7月26日 宮城県仙台市中島町に出生
明治28年 1895 18歳 1月29日 海軍兵学校に入校
明治30年 1897 20歳 12月18日 海軍兵学校卒業
海軍少尉候補生として「金剛」乗組
明治31年 1898 21歳 3月17日 豪州方面遠洋航海
9月16日 帰着
9月27日 「八島」乗組となる
明治32年 1899 22歳 2月1日 海軍少尉
明治33年 1900 23歳 5月15日 英国で建造の「三笠」回航委員を命ぜられる
9月25日 海軍中尉
明治34年 1901 24歳 5月1日 「三笠」乗組
明治35年 1902 25歳 3月13日 英国発
5月18日 横須賀着
5月19日 「扶桑」水雷長心得兼分隊長心得(練習艦)
明治36年 1903 26歳 9月26日 海軍大尉
明治37年 1904 27歳 2月6日 竹敷発、日露戦役に従事
5月8日 「済遠」分隊長
10月6日 「扶桑」航海長(第3艦隊)
明治38年 1905 28歳 8月5日 「千歳」航海長(第2艦隊)
11月15日 第4艦隊参謀
12月20日 練習艦隊参謀
明治39年 1906 29歳 1月23日 海軍大学校将校科甲種学生
6月11日 中野トシと結婚
明治40年 1907 30歳 12月18日 海軍大学校甲種教程卒業
舞鶴鎮守府参謀兼望楼監督官
明治41年 1908 31歳 2月20日 海軍省副官心得兼海軍大臣心得
7月31日 軍事参議官海軍大将山本権兵衛附
9月25日 海軍少佐
明治43年 1910 33歳 3月1日 「生駒」分隊長
明治44年 1911 34歳 7月15日 海軍省副官兼海軍大臣秘書官
軍事参議官副官
軍事参議官海軍大将山本権兵衛附
大正 1年 1912 35歳 12月1日 海軍中佐
大正 2年 1913 36歳 2月26日 軍事参議官副官を免ぜられる
4月21日 横須賀鎮守府附
9月20日 「比叡」副長兼横須賀海軍工廠艤装委員
大正 3年 1914 37歳 8月20日 海軍軍令部出仕兼参謀
8月25日 横浜発、ドイツ国との戦役に従事
9月16日 シンガポール着
在東洋英国艦隊旗艦「エンプレス・オブ・ジャパン号」に乗艦
12月13日 退艦
大正 4年 1915 38歳 2月1日 兼海軍大学校教官
2月9日 海軍軍令部参謀兼海軍大学校教官
12月13日 海軍大学校教官兼海軍軍令部出仕
大正 5年 1916 39歳 2月21日 欧米各国へ出張
12月1日 海軍大佐
大正 6年 1917 40歳 12月1日 「香取」艦長(第3艦隊)
大正 7年 1918 41歳 8月22日 舞鶴発、ロシア領沿岸へ戦地服務
11月1日 海軍省出仕
12月1日 海軍省軍務局第1課長
大正10年 1921 44歳 8月17日 海軍軍令部出仕
9月27日 ワシントン会議全権委員随員となる
12月1日 海軍少将
大正11年 1922 45歳 5月25日 横須賀鎮守府参謀長
大正12年 1923 46歳 2月1日 海軍省人事局長
大正13年 1924 47歳 12月1日 海軍軍令部出仕
大正14年 1925 48歳 4月15日 横須賀海軍工廠長
12月1日 海軍中将
大正15年 1926 49歳 12月10日 海軍艦政本部長兼海軍将官会議議員
昭和 3年 1928 51歳 12月10日 海軍次官
学習院評議会会員
昭和 4年 1929 52歳 2月1日 海軍将官会議議員
昭和 5年 1930 53歳 6月10日 依願により本官を免ぜられる
海軍軍令部出仕
6月21日 学習院評議会会員を免ぜられる
12月1日 佐世保鎮守府司令長官
昭和 6年 1931 54歳 12月1日 呉鎮守府司令長官
昭和 7年 1932 55歳 4月1日 海軍大将
12月1日 海軍参議官
昭和 8年 1933 56歳 3月6日 待命
3月11日 予備役
昭和14年 1939 62歳 10月7日 学習院長
高等官一等 親任官待遇
学習院評議会会員(昭22・5・2廃止)
宗秩寮審議官(昭22・5・2廃止)
昭和21年 1946 69歳 10月4日 東宮御教育参与(〜昭和23年10月26日まで)
10月5日 依願により本官を免じられる
学習院長を辞任
昭和25年 1950 73歳 11月1日 仙台育英会五城寮舎監
昭和27年 1952 75歳 9月14日 水交会初代会長
昭和32年 1957 80歳 4月27日 水交会名誉会長
昭和33年 1958 81歳 8月20日 仙台育英会五城寮舎監を辞任
昭和38年 1963 86歳 4月27日 水交会顧問
昭和39年 1964 87歳 4月1日 仙台育英会会長
7月26日 学習院名誉院長
昭和41年 1966 89歳 11月3日 宮中杖を御下賜
昭和42年 1967 90歳 12月17日 逝去
特旨をもって従二位に叙せられる

(参考:山梨勝之進 著 『歴史と名将〜戦史に見るリーダーシップの条件〜』 毎日新聞社 昭和57年2月第9刷発行)

(平成29年5月5日 追記)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO