山梨勝之進像

山梨勝之進 やまなしかつのしん

1877年7月26日〜1967年12月17日

神奈川県横須賀市 「記念館三笠」の艦内でお会いしました。


山梨勝之進は明治10年7月26日に仙台藩上士の長男として生まれ、仙台東華中学を経て海軍兵学校に入ります。
明治33年6月、英国で建造された戦艦・三笠を日本に運ぶ回航委員として英国に出張し、日露戦争にも従軍しました。
昭和3年12月には海軍次官となり昭和5年(1930年)のロンドン海軍軍縮会議では調印に尽力し、海軍内の条約派として知られた人物でしたが昭和8年3月には大角[おおすみ]人事で予備役に編入されました。
昭和14年10月から昭和21年10月まで学習院の院長を務め、昭和天皇の訓育にも関与し、第二次世界大戦後の天皇の「人間宣言」にも関係したといわれています。
昭和42年12月17日に没しました。


山梨勝之進は海相になる器といわれた人でしたが、昭和5年、海軍次官の時の”統帥権干犯事件”のために、海軍の主流から外されてしまった悲運の人でした。




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO