淀殿 よどどの

永禄12年(1569年)(?)〜慶長20年5月8日(1615年6月4日)


豊臣秀吉の側室。
豊臣秀頼の母。
近江国小谷城主浅井長政の娘。
母は織田信長の妹・小谷おだにの方。
名は茶々。
天正元年(1573年)小谷落城の際、母・妹とともに城を出、織田家の庇護を受ける。
天正10年(1582年)、柴田勝家と再婚した母に従い、越前国北庄へ移る。
翌年の北庄落城の際、妹二人と城を出て秀吉の庇護を受ける。
のち、山城国淀城に移り、秀吉の側室となる。
天正17年(1589年)、鶴松を生むが夭折。
文禄2年(1593年)、秀頼を生む。
秀吉の死後は、秀頼の後見として政治に関与し、徳川家康と対立。
大坂夏の陣で徳川氏に敗れ、元和元年(1615年)秀頼と共に大坂城で自害した。


鴫野神社



鴫野神社しぎのさん
(大阪市天王寺区・生國魂神社内)





(平成20年6月16日)

鴫野神社しぎのさん

淀君ゆかりの神社である。
鴫野神社はその昔「鴫野弁天さん」として大阪城東側に祀られていた。
この弁天社を大阪城の淀君が殊のほか篤く崇敬し、後には弁天社の隣に「淀姫社」として祀られたほどである。
爾来、女性の守護神まもりがみと仰がれ心願成就・縁えにし(縁結び・悪縁切り)の神様として霊験れいげんあらたかとの評判を呼び、お参りする人が群れをなしたと伝えられている。

(説明板より)

生國魂神社



生國魂神社
(大阪市天王寺区生玉町13−9)





(平成20年6月16日)

【淀殿(茶々)】

浅井三姉妹の長女・茶々がいつ秀吉の側室になったのかは定かではない。
最初の若君、鶴松を天正17年(1589)5月27日に出産していることから、遅くとも前年の6月までには側室になっていたと思われる。
秀吉は喜びのあまり御産所ごさんじょとして淀城を修築した。
以来、茶々は淀の方、淀殿と呼ばれる。
ところが、鶴松は3歳で病死。
秀吉の落胆は甚だしく、関白職を甥の秀次に譲り、太閤となる。
その2年後、幸運にも淀殿は2人目の子・拾ひろい(秀頼ひでより)を出産した。
今度こそ元気な若君に育てたい。
当時、上層階級の子弟は乳母うばが育てることが慣習であったが、淀殿は例外的に自分の母乳で秀頼を育てる。

秀頼出産の翌年、浅井長政の二十一回忌にあたり、淀殿は秀吉の許しを得て長政の菩提寺・養源院ようげんいんを京都に建立している。
また、自分に仕える侍女じじょは無論、秀頼付きの家臣や乳母も元浅井家と関わりのある人間を多く登用し、着々と世継ぎとして力を得ていった。
秀吉亡き後、秀吉の遺言を守って秀頼を養育し、豊臣家を存続させようと努力するが、豊臣の時代はすでに終りつつあった。

(参考:『歴史街道 2011年8月号』)

(平成25年11月12日 追記)


淀君並殉死者32名忠霊塔



淀君並殉死者32名忠霊塔

大阪城





(平成20年6月17日)

豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地



豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地
(大阪城・山里丸)





(平成20年6月17日)

碑文

慶長20年(1615)5月8日 大坂城主豊臣秀頼とその母淀殿をはじめとする主従約30名は 落城直後の大坂城内で自刃した
その場所については諸説あるが ここ山里曲輪の一角にあった矢倉の中とする説が有力である。

秀頼・淀殿ら自刃の地

慶長20年(=元和元年、1615)の大坂夏の陣では、旧暦の5月8日、徳川軍に追い詰められた豊臣秀頼とその母淀殿が、山里丸にあった櫓やぐらにひそみ、自害したと多くの記録が伝えている。
それにちなんで平成9年(1997)、現在の山里丸の一画に大阪市の手によりこの記念碑が建てられた。

(説明板より)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO