駆逐艦 雪風


主錨



主錨

(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)





(平成18年3月20日)

駆逐艦「雪風」の主錨

駆逐艦「雪風」は日本海軍の陽炎型駆逐艦18隻中の1隻で、昭和15年1月に佐世保海軍工廠で完成した。
太平洋戦争では戦史に残る主要な海戦にはすべて参加、沖縄特攻にも戦艦「大和」と共に行動したが、無傷で生還した。
戦後連合軍に接収され、当時の中華民国海軍に引き渡された。
軍艦「丹陽」と改名した雪風は同海軍の旗艦として活躍していたが昭和44年台風で船底が破損したため解体された。
この錨は雪風の記念品として昭和46年10月22日、同国政府から雪風保存会に送られ、同会から海上自衛隊に寄贈されたものである。

(説明板より)

旧海軍兵学校跡


海上自衛隊
第1術科学校・幹部候補生学校
(広島県江田島市)

旧・海軍兵学校跡



(平成18年3月20日)

学校の歴史

江田島は、風光明媚な広島湾に位置して、東は呉市に、北は広島市に、西は那沙美島を隔てて名勝安芸の宮島に相対し、南は佐伯郡能美島に連なり、また、早瀬大橋、倉橋島、音戸大橋を経て呉市に通じています。
海軍兵学校は明治21年(1888)8月東京築地からこの江田島に移転以来、アメリカのアナポリス、イギリスのダートマスとともに世界3大兵学校としてその名は広く世界が知るところとなりました。
終戦により昭和20年12月1日、約60年の幕を閉じました。
以後の10年間は連合軍が教育施設等に使用しました。
昭和31年(1956)1月返還され、当時横須賀にあった術科学校が当地江田島に移転、その後、昭和32年5月10日に幹部候補生学校が独立開校し、現在に至っています。

(パンフレットより)


【雪風】

昭和17年2月27日 スラバヤ沖海戦に参加。
昭和17年10月26日 南太平洋海戦に参加。
昭和17年11月13日 第三次ソロモン海戦に参加し小破する。
昭和18年3月3日 ビスマルク海海戦に参加。
昭和18年7月13日 コロンバンガラ島沖夜戦に参加。
昭和19年6月19日 マリアナ沖海戦に参加。
昭和19年10月25日 レイテ沖海戦には栗田艦隊に属してサマール沖海戦に参加。
昭和20年4月7日 坊ノ岬沖海戦に参加。
開戦以来、8回の海戦に参加して生き残った随一の武運めでたい艦である。
終戦時に小破のまま舞鶴に残存。

陽炎型

海軍軍令部は、それまでの駆逐艦では速力と航続力において不十分と認め、36ノットの速力と18ノットで8000キロの航続力をもつ新型駆逐艦の新造を望んだ。
しかし、一方では、あまり艦型が大型化しないことを条件とした。
これに対し、技術陣の努力により、速力を35ノットとすれば、要求に近いものが出来ることがわかった。
昭和12年の第3次補充計画で建造されることが決まり、その後の第4次計画を含め18隻が建造された。
主砲として12.7センチ砲6門、61センチ魚雷発射管3門。
艦尾の形を改良して最大速力35ノットを得た。
陽炎型はあらゆる点から見て申し分のない駆逐艦であり、、夕雲型と共に戦時に活躍した日本駆逐艦の中心だった。
吹雪型の「特型」に対して、「駆逐艦甲」と略称された。

(同型艦)
陽炎、不知火、黒潮、親潮、早潮、夏潮、初風、雪風、天津風、時津風、浦風、磯風、浜風、谷風、野分、嵐、萩風、舞風の18隻

(参考:『日本兵器総集』 月刊雑誌「丸」別冊 昭和52年発行)

(平成23年7月25日追記)


【逆探】

昭和18年(1943年)4月、日本で最初の逆探が『雪風』に装備され、同年7月のコロンバンガラ海戦で初めて逆探を活用したという。
すなわち、7月13日午前0時55分に敵艦隊を約1万メートルの距離で視認する30分も前に逆探で敵レーダーを探知したという。
その殊勲者である通信長は海軍有数の名通信士で、この海戦後、空母『翔鶴』へ逆探操作の指導に赴いたとされている。

(参考:徳田八郎衛 著 『間に合わなかった兵器』 光人社NF文庫 2001年発行)

(平成25年8月25日 追記)


大日本帝国海軍 軍艦超精密模型展
宮城県護国神社(平成21年11月9日訪問)

陽炎型駆逐艦 雪風


基準排水量 2,033トン
乗員 239名
全長 118.5m
全幅 10.8m
出力 52,000馬力
最大速力 35.5ノット
主要兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
       61cm4連装魚雷発射管 2基8門
       爆雷投射器 1基
       爆雷投下条 2基
       他 機銃等
(説明プレートより)

太平洋戦争(1941〜1945年)開戦以来常に最前線で戦い、主要な海戦のすべてに参加して、最後の海戦沖縄特攻作戦には戦艦『大和』と共に戦い無傷で残った日本海軍一の名艦(武勲艦)である。
その主たる戦果は潜水艦2 駆逐艦4 護衛空母1撃沈 軽巡ホノルル・リーンダー等 数隻撃破、航空機撃墜21機

主なる要目(佐世保海軍工廠で竣工 1940年 昭和15年)
排水量 2,500トン
全長 118.5m
最大巾 10.8m
吃水 3.76m
スクリュー径(2基両舷) 3.3m
出力(タービンエンジン) 52,000Hp
速力 35.5ノット
距離 18ノットで6,000浬
主砲 12.7cm連装 2基
発射管 4連装 2基
魚雷 61cm16本 爆雷18〜36個
機銃 25ミリ3連 5基 単装12丁

(説明プレートより)


スラバヤ沖海戦

昭和17年(1942年)2月27日〜28日

日本軍 艦隊編制
 第5戦隊 司令官:高木武雄少将
重巡洋艦 那智 羽黒
駆逐艦 潮 漣 山風 江風
第2水雷戦隊 司令官:田中頼三少将 
軽巡洋艦 神通
駆逐艦 雪風 時津風 初風 天津風
第4水雷戦隊 司令官:西村祥治少将
軽巡洋艦 那珂
駆逐艦 村雨 五月雨 春雨 夕立 朝雲 峯雲
別働隊(蘭印作戦主隊) 司令官:高橋伊望中将
重巡洋艦 足柄 妙高
駆逐艦 雷 曙
第3航空戦隊 司令官:角田覚治少将
空母 龍驤
駆逐艦 敷波
輸送船:38隻

スラバヤ沖海戦・2月27日の昼戦(16時12分〜17時15分)

日本軍:第5戦隊・第2水雷戦隊・第4水雷戦隊
連合軍:ABDA打撃艦隊(米・英・蘭・豪)

16:12、英・駆逐艦『エレクトラ』が東部ジャワ攻略部隊を発見。
彼我艦隊の巡洋艦同士の砲戦が始まり、続いて雷撃戦が展開。
17:15、蘭・駆逐艦『コルテネール』が真っ二つに折れて轟沈。
18:00、英・駆逐艦『エレクトラ』が沈没。
18:20頃、高木司令官は追撃を中止し、輸送船を掩護しながら、夜戦に備えて陣形を整える。

ABDA打撃艦隊は、戦闘中に自艦の爆雷が落下して爆発し艦尾を損傷した蘭・駆逐艦『ウイッテ・デ・ウィット』を大破した英・重巡洋艦『エクセター』の護衛に付けてスラバヤへ向わせた。
米駆逐艦4隻は、昼戦で離れ離れになり主隊と合流できず、魚雷を使い切り燃料も少なくなってきたため、独自にスラバヤ行きを決める。
英・駆逐艦『ジュピター』は、味方が敷設したと思われる機雷で沈没。
英・駆逐艦『エンカウンター』は米・重巡洋艦『ヒューストン』が人道的見地から打ち上げた照明弾のおかげで、沈没した蘭・駆逐艦『コルテネール』の生存者113名を救助し、スラバヤへ向う。

スラバヤ沖海戦・2月28日の夜戦(23時00分〜23時47分)

日本軍:重巡洋艦『那智』『羽黒』
連合軍:米・重巡洋艦『ヒューストン』、蘭・軽巡洋艦『デ・ロイテル』『ジャワ』、豪・軽巡洋艦『パース』

23:00、巡洋艦4隻となったABDA打撃艦隊は『那智』と『羽黒』に遭遇、砲戦が開始された。
23:22、『那智』『羽黒』の両艦は計12本の魚雷を発射。
旗艦である蘭・軽巡洋艦『デ・ロイテル』と同じく蘭・軽巡洋艦『ジャワ』が被雷して沈没。
指揮官のドールマン少将は艦と運命を共にする。
米・重巡洋艦『ヒューストン』と豪・軽巡洋艦『パース』はバタヴィアに向って離脱。

この海戦での日本側の損害は、駆逐艦『朝雲』が大破したのみ。

その後

スラバヤへ逃げ込んだ英・重巡洋艦『エクセター』は応急修理ののち、英・駆逐艦『エンカウンター』と米・駆逐艦『ホープ』とともにセイロン島への脱出を試みるが、3月1日、日本艦隊・別働隊(重巡洋艦『足柄』『妙高』駆逐艦『雷』『曙』)に捕捉され、昼過ぎまでに全艦が撃沈された。

バタヴィアに逃げ込んでいた米・重巡洋艦『ヒューストン』と豪・軽巡洋艦『パース』は、再編成のためチラチャップへ向う。
途中で発見したバンタン湾の日本の大輸送船団(輸送船56隻)の攻撃に向ったが、日本側の迎撃により3月1日に両艦とも撃沈された。(バタヴィア沖海戦)

(参考:『歴史群像 2012年8月号』)

(平成25年10月21日 追記)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO