飛行第81戦隊


慰霊碑



『慰霊碑』

(京都市東山区・霊山観音)




(平成16年4月2日)

碑文

飛行第81戦隊及び飛行第8戦隊第1中隊(昭和19年合併)は大東亜(太平洋)戦争勃発以来東南アジア全域に亘り転戦、常時高性能を誇る100式司令部偵察機を駆って重要航空捜索任務を強行完遂しこの偉業によって3回の部隊感状が授与された。
後期飛行第15戦隊をも併合し、次期作戦準備中、終戦を迎えた。
この燦然たる部隊功績の陰では、開戦以来空中勤務者を主とする105柱の戦友を失っている。
誠に痛恨の極みであり、今も当時の勇姿を忘れることができない。
我等生存者、茲に慰霊碑を建て、諸霊の安らかに眠らんことを祈る。

昭和60年4月吉日
飛行第81戦隊・飛行第8戦隊第1中隊 つばさ会 戦友遺族一同


飛行第81戦隊

昭和16年9月、彰徳(中国)で独立飛行第16中隊を中核に2個中隊で編成。(のちに3個中隊に編成)
ビルマを主作戦に、一部をニューギニアに派遣して作戦に従事。

飛行第8戦隊

原隊は屏東(台湾)。
昭和16年末、飛行第2戦隊から司令部偵察機中隊を受け入れ、軽爆撃機中隊と共にフィリピン、ビルマの作戦に従事。

飛行第15戦隊

原隊は新京(満洲)。
ノモンハン事変、フィリピン防衛作戦(後期)に従事。
南方進出以来消耗激しく、戦力回復のため大阪にへ帰国。
残余の部隊は昭和19年10月17日、スピック湾北方のサンマリセリネへ移動し、地上戦闘の訓練に入る。
まもなく本隊の戦力も回復し(人員・飛行機)、レイテ島の捜索に従事。
昭和20年1月5日、師団命令により倉地第2中隊長(陸士54期)以下19名はサイゴン派遣隊となり、残余の司偵3機、双練1機に分乗し、南方総軍の指揮下に入るべく、ボルネオ・シンガポールを経由し、サイゴンに移動。
昭和20年5月27日、飛行第81戦隊に吸収される。

(平成16年6月10日追記)
(平成19年8月5日改訂)


百式司令部偵察機(キ46)

一型:34機、ニ型:1093機、三型:611機、四型:4機、合計1742機が生産されました。

ニ型
エンジン:1080馬力×2
最大速度:604km/時
実用上昇限度:10,720m
上昇力:8,000mまで11分58秒
航続距離:2,474km
三型
エンジン:1500馬力×2
最大速度:630km/時
実用上昇限度:1,0500m
上昇力:8,000mまで20分15秒
航続距離:4,000キロメートル

設計者は三菱飛行機の久保富夫氏です。戦後、三菱自工の社長に就任されています。

(平成16年6月10日記)


新司偵〜キ46技術開発と戦歴〜
碇 義朗著 光人社NF文庫 1997年発行 定価629円+税

司令部偵察機  司偵  新司偵  飛行戦隊


 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO