笠井信一像 平成16年10月3日

笠井信一 かさい・しんいち

元治元年6月19日(1864年7月22日)〜昭和4年(1929年)7月25日

岡山県岡山市・岡山城でお会いしました。


駿河国生まれ。東大卒。
大正3年(1914年)岡山県知事となり、大正5年の地方長官会議を契機に済世顧問制度制定に向け県下の貧民調査を行なう。
大正6年、岡山県令『済世顧問設置規定』を公布。
救貧から防貧を志向し、のちの方面委員・民生委員制度に影響を及ぼす。
大正10年、貴族院議員。


笠井信一先生像



『笠井信一先生』像

(岡山県岡山市・岡山城




(平成16年10月3日)

碑文

笠井信一先生は静岡県の人で岡山県知事在任中 大正5年3月18日大正天皇より県下庶民の生活状態につき御下問を拝し これに感激して翌6年岡山県済世顧問制度を創設された
これが今日の民生委員制度の起源となるものである。

昭和33年3月

笠井知事銅像建設委員会
原澄治 謹書


笠井信一  民生委員  社会事業



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO