7.地図を買って帰国


 平成22年(2010年)3月22日 (第4日目・最終日)

今日は日本に帰る日である!
私としては珍しく早起きして(笑)、地図を買いに行くことにした。
なにせ、どこをどう走ったのか、エチアゲ周辺の地理がよくわからないのである。
やっぱり地図で再確認したいし・・・・
というわけで、早朝、“ステラさん”に付き合ってもらい地図を買いに出かける。

“お母さん”はフィリピンに慣れたのか、リサール公園を散歩したいと言っていたが・・・
とてもじゃねぇが危なくてお勧めできない。(笑)
ボディーガード役の私は地図を買いに出掛けたいからお伴は出来ない。
とにかく、あの公園を一人で散歩したら、いろんな連中がしつこく付きまとって来るんだから・・・
以前、一人で散歩した事があるが、その時には私は適当に話をしてあしらったりということで対処したが、“お母さん”達だけでは、とてもじゃないが無理だろう。
それに佐藤さんは今晩、成田から車を運転して自宅に帰るので、少しでも体を休めておいたほうがいい。
ということで・・・とにかく部屋で大人しく待っていてもらうことにした。(笑)

ホテルの近くからジプニーに乗り、どこかの町へ・・・(笑)
以前、「マップセンター」は空軍基地の近くにあったが、その後移転したのだという。
「マップセンター」は日本でいえば国土地理院みたいなところかな?
一応、政府の機関らしい・・・・

その、「どこかの町」で見かけた古い教会・・・

ギュウギュウ詰めのジプニーに久し振りに乗り・・・・生温かい風に吹かれて(笑)見知らぬ街へ・・・
で・・・そこから古くて汚い(笑)建物が建ち並ぶ一画まで徒歩で向かう。
だいたい、ここがどこなのかさっぱり分からない。(汗)
私ははマニラの町など滅多に歩かない。
歩いてもホテルの周辺のみ。
街の名前を言われても・・・どこなのかさっぱりである。

「マップセンター」は恐ろしく汚い古いビルの中にあった。
なぜか、看板の文字も色あせていて目立たない。
最近移転したと聞いていたんだけど・・・なんでこんな看板なの?
へぇ?これが「役所」?
路地裏を通った奥の方にある目立たない汚いビル・・・(笑)

イサベラ州のエチアゲ周辺の地図を頼んだのだが・・・・
係の“オッサン”が奥から持ってくる地図は毎回間違ってばかり。
おい!地図の番号が違うじゃん!
すったもんだして・・・イライラしながら・・・(涙)・・・ようやく手に入れる。
同じ地図を私の分と佐藤さんの分と2枚づつ・・・
また、これが理解してくれないんだなぁ〜・・・この“オッサン”・・・
「同じ地図を2枚づつ」がどうしてわからないんだよ!
「4種類の地図を2枚づつ」だってば!
途端に、この“オッサン”は・・・ポカ〜ン!(笑)
なんで「固まっちゃう」の????
他にも入手したい地図もあるのだが・・・
こんな簡単なことですら、こんなにゴタゴタするんだから・・・・
更に別の地図を要求したら、何年かかるか分かったもんじゃない。(涙)
というわけで、今回はエチアゲ周辺の地図の入手だけで我慢・・・
急いでホテルに戻り、佐藤さんにお土産として渡す。
おじいさんの慰霊の地の周辺の地図は持っていたほうがいい。
いい記念になると思うんだよね。

ホテルをちょっと早めにチェックアウトしてパコ駅跡に行く。
ここには高山右近の銅像が建っている。
普通のツアーの観光では、ここに来ることはまずないだろう。
私の得意なマニアックな観光(B級観光か?)である。(笑)
この小さな公園を少しブラブラして、私は掃除の作業員とおしゃべり。(笑)
彼の話では、なんと!8時間もかけてこの公園を掃除しているという。
清掃員は彼だけではなく、他に6人ほどいるのだが・・・
おい、おい、それでこんな小さな公園の掃除に8時間もかかるのかい!
暑いせいか?
働いているんだか怠けているんだか・・・さっぱりわからん。
「ちゃんと綺麗にしてくれよ〜高山右近の銅像が建ってるんだから〜」とチップを渡す。(笑)

これでマニラとはお別れである。
空港へ向かい、送迎係の“サンディー君”と落ちあい、搭乗手続き。
帰りは“お母さん”には窓際に座ってもらって、空からのルソン島を見てもらわねば・・・・と窓際の席をリクエストする。

空港の職員は相変わらず・・・・
私のリュックを持って重さを計ろうとする。
で・・その後は、何らかの嫌がらせをするのであるが・・・
「問題ねぇだろ?」と言ったら、苦笑しながら通してくれた。
その次のボディチェックでは女性職員が露骨にチップの要求である。
あ・の・ね・・・・いじきたねぇったらありゃしない。
空港職員のレベルの低さは天下逸品である。
いつまでもグダグダと賄賂を要求してくる。
下手に渡したら、別の職員に別室に連行されるのは明らかである。
しかし、今回のしつこさには閉口した。

無事に定刻通りに成田空港に到着。
旅行社の倉津さんから頼まれていた荷物を、出迎えに来てくれていた彼女に渡し、“運び屋”の仕事も無事完了・・・(笑)
空港で佐藤さんと“お母さん”とお別れ・・・・
「御苦労様でした!お疲れ様でした!」

初めてご遺族を案内するという旅をしたが・・・
なんとか無事に済んでホッとした。(嬉)
お陰様で良い旅が出来た・・・・佐藤さん母娘に感謝!感謝!
いい経験が出来て大満足である。(案内役がこんなことでいいかどうかはわからないけど・・・)(笑)

私は京成成田駅前のホテルに向かい・・・いつものように一泊してから帰宅する・・・・

〜完〜


  


 トップページに戻る   旅日記に戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO