久米邦武 くめ・くにたけ

天保10年7月11日(1839年8月19日)〜昭和6年(1931年)2月24日


太政官に出仕し、明治4年〜6年、岩倉遣外使節団に加わり欧米を視察。
記録係をつとめ『特命全権大使米欧回覧実記』を編纂する。
修史館で広く史料収集にあたり、ついで帝国大学文科大学教授兼編年史編纂掛となり、実証主義史学の発展に貢献。
『史学会雑誌』に発表した「神道は祭天の故俗」が神道家の非難を浴び、明治25年(1892年)に辞職。
のち早稲田大学教授となる。


歴史学者久米邦武誕生地碑



歴史学者 久米邦武誕生地碑
(佐賀県佐賀市八幡小路・加藤歯科医院)


息子は洋画家・久米桂一郎


(平成20年11月24日)
歴史学者久米邦武誕生地



歴史学者 久米邦武誕生地

(佐賀県佐賀市八幡小路3−28)


道路の向かい側に洋画家・岡田三郎助誕生地


(平成20年11月24日)



 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO