第521海軍航空隊






第521海軍航空隊 鵬部隊 慰霊碑
(グアム島・南太平洋戦没者慰霊公苑)



旅日記

(平成21年3月19日)

第521海軍航空隊鵬部隊は昭和18(1943)年8月最新鋭双発急降下爆撃機「銀河」隊をもって開隊され、太平洋戦争の戦局まさに重大化のとき、米機動部隊との一大決戦に備えて、全海軍期待のうちに編成された。
19年4月から逐次グアムに進出、決戦城をパラオ近海と予測し、飛行機隊はペリリュウ、ハルマヘラに展開したところ、米軍は6月11日突如サイパン、グアムに大挙来襲。
わが鵬部隊は劣勢を顧みず、江草隆繁飛行隊長を先頭に死力を尽くして反撃、亀井凱夫司令以下グアム基地の将兵も又、米上陸部隊に肉弾戦を敢行し、遂に全員散華した。
ここにその勇猛果敢な殉国の死を悼み、これら崇高至純な英霊の精神が恒久世界平和の礎となるよう念願してこの碑を建立する。

1988年2月
鵬会 建之
元第1分隊長 河野 章 撰

(碑文より)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO