別府晋介 べっぷ・しんすけ

弘化4年(1847年)〜明治10年(1877年)9月24日


桐野利秋の従弟。
明治元年(1868年)の戊辰ぼしん戦争では鹿児島藩隊分隊長として奥羽地方を転戦。
翌年、鹿児島常備隊小隊長。
明治4年(1871年)近衛陸軍少佐。
翌年、征韓論に関連して朝鮮に赴き情勢を視察する。
明治6年(1873年)西郷隆盛に従って辞職、帰郷後私学校の幹部となる。
明治10年(1877年)の西南戦争で西郷軍大隊長として熊本城を包囲。
のちに敗れて鹿児島の城山で西郷を介錯かいしゃくし自刃。


別府景長の墓



別府景長の墓
(鹿児島市・南州墓地)





(平成19年3月30日)

別府 晋介景長

明治10年9月24日城山で戦死31歳。
明治6年近衛少佐を辞し帰郷、加治木区長となる。
西南の役では6番7番連合大隊長として出陣。
9月24日早朝、岩崎谷口に向い突進中、銃弾を受けた西郷の命によりその介錯をつとめた。

(説明板より)

南州墓地


南州墓地
(鹿児島市・南州公園内)

1877年(明治10)の西南戦争で戦死した西郷隆盛をはじめ、2023名の将士が眠っています。



(平成19年3月30日)

西南の役  戊辰戦争



 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO