飛行第65戦隊


慰霊碑



飛行第65戦隊
慰霊碑

(愛知県幡豆郡幡豆町・三ヶ根山頂・比島観音霊場)




(平成20年4月16日)

戦隊概史

飛行第65戦隊ハ昭和13年8月朝鮮会寧ニ創設。
連浦・宣徳ヲ経テ16年8月満洲国敦化ニ移駐シ関特演ニ参加。
17年5月ヨリ9月マデ中支上海・杭州ニ進出淅■作戦ニ参加シ10月勃利(青山堡)ニ帰還、海浪移駐。
19年7月比島進出、ルソン島・ネグロス島ヨリ対潜作戦・レイテ航空作戦ニ参加。
12月主力ハ原ノ町ニテ戦力増強、比島残留者ハ地上戦斗に参加、中部ルソン「サラクサク峠」ニテ激戦ス。
20年3月知覧ヨリ沖縄航空作戦ニ参加、終戦ニ至ル

昭和56年4月吉日建之 戦友会一同

(碑文より)


【飛行戦隊】

日華事変中の昭和13年8月、制度を改めて従来の飛行連隊や飛行大隊は飛行戦隊と改称し、陸軍航空兵力の基礎単位となった。
戦隊長は少佐である。
主として内容は同一機種である。
1個飛行戦隊は3個飛行中隊からなる。
爆撃機なら1個中隊(9機)×3=27機、戦闘機なら1個中隊(12機)×3=36機というわけだが、予備機や欠員も多く、必ずしも一概には言い切れない。
飛行戦隊は独立した飛行場大隊の世話になった。
飛行戦隊は時には兵力の3分の1=1個中隊を本隊と分離し、別の方面に貸与してやる場合も多い。
太平洋戦争終了までに100以上の飛行戦隊があった。

偵察機は少数機で忍者のように行動するから、飛行戦隊よりも独立飛行中隊(8〜12機)として行動したものが多い。
もちろん偵察機の飛行戦隊もあったし、偵察機と構造のよく似ている軽爆(あるいは地上襲撃機)の中隊とコンビを組んで1個飛行戦隊を編成するケースもあった。
同じ部品を使っていると整備が容易だからであろう。

(参考:木俣滋郎 著 『陸軍航空隊全史』 朝日ソノラマ 文庫版航空戦史シリーズ90 1994年7月 第6刷発行)

(平成31年1月4日 追記)



 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送