工兵第23連隊

(通称号:旭1167部隊)

編成地 編成時期 終戦時の上級部隊 終戦時の所在地
熊本 昭和13年 第23師団 ルソン島

編成後、満洲に渡りハルピンに駐屯。
昭和12年11月からハイラルに駐屯。
ハイラル駐屯中にノモンハン事件に出動し、その後、関特演に動員。
昭和19年10月、戦局の悪化したフィリピン・ルソン島に派遣されるが、途中、米潜水艦の攻撃を受けて輸送船が撃沈され多くの損害を被る。
ルソン上陸後、同島の戦闘に参加。
終戦時の兵力は当初の1割、9割(約1200名)は海没と戦闘で失う。


戦友の碑



工兵第23聯隊
戦友之碑

(愛知県幡豆郡幡豆町・三ヶ根山頂・比島観音霊場)




(平成20年4月16日)

碑文

御冥福を祈る 合掌
昭和56年春

工二十三会
会長 武田與曽吉
外有志一同


【工兵第23連隊】

昭和19年12月12日〜29日 サンフェルナンド及びマニラ上陸
昭和19年12月30日 ボボナン集結(シソン南方)
昭和20年1月6日 陣前交通網破壊
昭和20年1月7日 カバルアン丘着
昭和20年1月15日 第1中隊は歩71へ配属、第3中隊は師団直轄
昭和20年3月10日〜4月26日 主力は歩71へ配属
                     一部は歩64、歩72に配属
昭和20年5月〜6月 アンブクラオ〜ポコド道路啓開
昭和20年7月〜8月 道路建設 米比討伐
昭和20年8月15日 タボイにて終戦
昭和20年9月18日 56キロ(現:52キロ)にて武装解除

(参考:村田三郎平著 『最前線爆雷製造部隊』 風媒社 1977年第1刷)

(平成23年10月24日追記)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO