徳川義親像 平成22年4月5日

徳川義親 とくがわ・よしちか

明治19年(1886年)10月5日〜昭和51年(1976年)9月6日 (9月5日?)

愛知県小牧市・小牧山城でお会いしました。


元越前藩主・松平慶永よしなが(春嶽)の末子(五男)。
尾張徳川家・徳川義禮の養子となる。
尾張徳川家第19代当主(侯爵)
東大卒
3月事件(昭和6年の陸軍中堅幹部によるクーデター未遂事件)では資金を提供した。
太平洋戦争中、軍政顧問としてシンガポールに赴任。
徳川生物学研究所・徳川林政史研究所を設立。


徳川義親像


尾張徳川家十九代
徳川義親氏之像
(愛知県小牧市・小牧山城



(平成22年4月5日)

碑文

小牧山は、昭和5年10月尾張徳川家19代徳川義親氏により小牧市に贈られて以来、自然公園として広く一般市民に親しまれ愛されてきました。
小牧山が贈られて満55年、しかも市制施行30周年の意義深い機会をとらえ、徳川義親氏のご厚志に報い、そのご遺徳を永く後世に伝えるため、広く市民の浄財を得て同氏の銅像をここに建立しました。

昭和60年10月吉日
徳川義親氏顕彰会


【徳川義親】

“最後の殿様”といわれた徳川義親は、戦前の国家主義団体・大化会の清水行之助や、国家主義者の大川周明、2・26事件に連座して銃殺刑に処せられた北一輝などと親交があり、三月事件の資金を提供したことでも知られている。

(参考:佐野眞一 著 『阿片王 満州の夜と霧』 2005年発行 新潮社)

(平成27年10月13日追記)




 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO