敷設艦 津軽 つがる


軍艦津軽の碑



軍艦津軽之碑

青森県護国神社

昭和61年8月22日建之



(平成21年11月2日)

軍艦津軽の生涯

昭和16年10月、横須賀海軍工廠にて竣工、日本海軍最新鋭敷設艦として就役、公試排水量4400トン、速力20ノット、艦長以下500名の乗組員であった。
太平洋戦争開戦と同時に、専ら縁の下の力持的存在に甘んじ、南溟の各作戦に参加、17年3月10日、ラエ沖にて米機動部隊と交戦中艦中部に直撃弾を受け、戦死傷者30名に及ぶ。
修理の為横須賀に回航、修理完了と共に再びラバールに進出、珊瑚海海戦を始め、ブーゲンビル島、ガダルカナル島に食糧、兵器の輸送、傷病兵の収容作戦等に数多く参加、18年2月、度重なる米機の攻撃を受けその至近弾により多数の死傷者と損傷を被り、再び横須賀へ回航修理後、ラバール方面の兵員輸送中、5月米潜水艦の雷撃を前部に受け、又々横須賀帰港の余儀なきに至る。
12月シンガポールに進出し、19年1月ペナン沖に機雷を敷設、比島沖の間断なき輸送任務に黙々と従事、5月佐世保に帰港して艦を改装、対潜対空兵器を増強、比島方面に進攻して機雷敷設後ビアク増援部隊に編入され、ニューギニアソロンに陸軍部隊兵員物資の輸送揚陸作戦中米潜水艦の雷撃により中部水線下に被雷、沈没はまぬがれしも、応急修理の効果なく、マニラに向け回航中モロタイ水道において追尾しきたる潜水艦に再度雷撃を受け沈没。
就役以来2年8ヶ月、艦長以下373名と共にその生涯を閉じた。
時に昭和19年6月29日午前11時30分。

碑後方ノ姫松
昭和16年10月軍艦津軽竣工記念樹
弘前招魂社ノ御神体ヲ受ケ津軽神社トシテ軍艦津軽公室ニ祭祀シ武運長久をヲ祈願

(碑文より)


【敷設艦】

艦艇の底に触れると炸裂する機雷(水中爆弾の一種)を海中に敷設するという任務を受け持つ。
日露戦争でロシア太平洋艦隊の旗艦を機雷により一撃で撃沈したのに味をしめた日本海軍は、太平洋戦争中、各所で係留式触発機雷を敷設した。
しかし、機雷の技術が幼稚だったため、敵艦艇で日本の機雷により沈没したものは、ごくわずかであった。
敷設艦の艦尾にはレールが敷かれ、その上の機雷を車で押しつつ機雷庫から艦尾へ移動、海上に投下する。
日本海軍は航洋型の敷設艦を比較的多数持っていた。
敷設艦の一部は敵性水域へ夜、こっそりと強行敷設に赴くが、その際、敵駆逐艦とい遭遇することも考えられるため、軽巡と同じ14センチ砲を備えた艦もあった。
敷設艦は2隻以上で戦隊を編成することが多かった。
なお、その艦尾が外へ張り出しているのは投下時、機雷で自己の艦尾を傷つけぬためである。

(参考:『日本兵器総集』 月刊雑誌「丸」別冊 昭和52年発行)


津軽

4000トン。
速力20ノット、9000馬力。
航空兵装はカタパルト×1、水上偵察機×1。
12.7センチ高角砲×4門
敷設艦『沖島』の改良型で機雷600個を搭載。
また、前線基地に爆弾やガソリンを輸送する設備を備えていた。
第19戦隊の一艦として、グアム島やラバウル占領に参加。
昭和17年3月のニューギニア上陸では米空母レキシントン、ヨークタウン艦載機の攻撃により損傷する。
その後、ラバウル方面の輸送に任じた。
機雷敷設はマレーのペナン沖に昭和19年1月に行っただけだった。
この沖合に英潜水艦が群がっていたためである。
昭和19年6月29日、モロタイ島沖で米潜水艦ダーターの雷撃を受け沈没する。

(参考:『日本兵器総集』 月刊雑誌「丸」別冊 昭和52年発行)




 トップページに戻る   陸海軍部隊リストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO