大倉喜八郎像 平成18年2月25日

大倉喜八郎 おおくら・きはちろう

天保8年9月24日(1837年10月23日)〜昭和3年(1928年)4月22日

東京都港区虎ノ門・ホテルオークラ本館正面玄関前の大倉集古館でお会いしました。


若くして江戸に出て乾物店を営んだ後、幕末の政情に着目して慶応元年(1865年)大倉屋銃砲店を開業。
横浜の外国商人から仕入れた銃砲を幕府・諸藩に売りさばいて巨利を得た。
明治6年(1873年)大倉組商会を設立して貿易業に着手し、翌年の台湾出兵、日清・日露戦争で軍御用達商として活躍した。
朝鮮・中国での利権獲得にも積極的に乗り出し、満州に本渓湖煤鉄公司ほんけいこばいてつコンスを合弁で設立するなど、内外に事業を拡張し、大倉財閥を築いた。
教育・文化事業にも関心を持ち、大倉高等商業学校(現・東京経済大学)や大倉集古館などを設立した。


大倉喜八郎寿像


大倉喜八郎寿像
(大倉集古館)

1913年
武石弘三郎 作



(平成18年2月25日)
大倉鶴彦之略伝碑



「大倉鶴彦(喜八郎)翁之略伝」碑
(大倉集古館)

1913年建立



(平成18年2月25日)
大倉翁之墓銘碑



「大倉(喜八郎)翁之墓銘」碑
(大倉集古館)

1916年建立



(平成18年2月25日)
大倉集古館



大倉集古館
(東京都港区虎ノ門2−10−3)
ホテルオークラ本館正面玄関前




(平成18年2月25日)

大倉集古館の沿革

大倉集古館は大倉喜八郎(1837〜1928)が創立した美術館である。
翁は明治維新以来、新興日本の産業の振興、貿易の発展に力を尽くし、育英、慈善事業にも功績が多かった。
一方文化財の海外流出を嘆いてその保護とわが国文化の向上に努めた上、50余年にわたって蒐集した多数の文化財、土地、建物及び基金を挙げて寄付し、大正6年(1917)8月に財団法人大倉集古館が誕生した。
わが国では最初の私立美術館である。
しかし、大正12年関東大震災により、当初の建物と陳列中の所蔵品を失ったが、幸い倉庫は無事であったため、残された優品を基本とし、伊東忠太博士の設計による耐震耐火の陳列館を建築して、昭和3年(1928)10月再び開館し、その後所蔵品も増加して復興の成果を挙げた。
さらに長男喜七郎(1882〜1963)がその遺志を継いで、館の維持経営に絶大な援助を与え、また自ら多年蒐集した名品、特に近代絵画多数を寄付することで館蔵品の充実を計った。
第二次世界大戦に際しては幸いにも空襲の難を免れ、昭和35年に財団法人大倉文化財団と改称、同37年に第一次の改装工事を、また平成9年には創立80周年を記念して、全館の復元と設備の近代化を計るため大改修工事が行なわれた。
建物は中国の古典様式を生かした名作として平成2年に東京都の歴史的建造物に選定され、平成10年には国の登録有形文化財となった。
所蔵品は日本をはじめ東洋各地域の絵画、彫刻、書跡、工芸など広範にわたり、「普賢菩薩騎象像」(平安時代)「随身庭騎絵巻」(鎌倉時代)「古今和歌集序」(平安時代)の国宝3点、12点の重要文化財及び44点の重要美術品をはじめとする美術品約2000点に35000余冊の漢籍を保管している。
中でも著名な「普賢菩薩騎象像」は常時陳列されており、近隣の大使館やホテルオークラに滞在の多くの外国人にも、東洋美術の粋にふれる好機を与えている。

入場料 一般800円 小・中学生無料
観覧時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(休日の場合は開館)、展示替期間、年末年始
交通案内 (地下鉄)東京メトロ・南北線 六本木1丁目より5分


【東京経済大学創立者】

明治33年(1900年)、大倉商業学校(のちの東京経済大学)の設立趣旨。

「条約改正が実現し、内地雑居が近く行われる。しかしわが国の商業者の知識は昔と変わらない。このままで進むと、対等条約と内地雑居の実施の結果、わが国の商業界は外国人に独占されることになろう。自分が外国に支店を設けて有為の青年を派遣してきたのは、外国人に対抗するためである。そこで、自分の還暦と結婚満25年を記念して、商業学校を設けて多数の商業者を育成し、世のために尽くしたい」

最晩年の昭和3年(1928年)に大倉高等商業学校(当時)で行なった最後の訓話。

「“責任”を重んじ、約束を違えないことから“信用”は生まれる」

(参考:『歴史街道 2011年10月号』)

(平成25年10月2日 追記)


東京経済大学発祥の地



東京経済大学発祥の地
(東京都港区虎ノ門2丁目・新日鉱ビル)





(平成18年2月25日)

東京経済大学発祥の地

1900年 この地に大倉商業学校開校
1920年 大倉高等商業学校となる
1945年 戦災により校舎焼失
1946年 国分寺市(当時国分寺町)へ移転
1949年 東京経済大学となる

1990年10月 東京経済大学

(碑文より)


大倉喜八郎墓所



大倉喜八郎墓所
(東京都文京区・護国寺





(平成18年12月23日)
大倉喜八郎墓


大倉喜八郎墓(左)
(東京都文京区・護国寺)

右は夫人のお墓です。




(平成18年12月23日)

 (関連商品のご紹介)

大倉喜八郎  大倉財閥  武器商人  ホテルオークラ  東京経済大学



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO