特殊潜航艇・甲標的


特殊潜航艇・甲標的 平成18年3月20日

特殊潜航艇

要目
排水量 46トン
全長 23.9メートル
内殻直径 1.85メートル
電動機馬力 600馬力
速力 水中19ノット
航続力 6ノット80マイル 19ノット16マイル
兵装 魚雷発射管2門 魚雷2本
乗員 2名

本艇は、太平洋戦争の開始直前それぞれ伊号第16.18.20.22.24.潜水艦に搭載され 昭和16年11月20日呉軍港を出航し、同年12月8日未明特別攻撃隊としてハワイ真珠湾に在泊中の米国太平洋艦隊の攻撃に参加した5隻の特殊潜航艇の1隻である。
昭和35年6月13日真珠湾港外約1マイルの地点で米海軍により発見引揚げられ昭和36年6月20日真珠湾に寄港した揚陸艦しれとこ に搭載されて 7月10日約20年振りに横須賀に持ち帰られ 7月28日本校に到着した。
艇体頭部は受領当時切断されていたが昭和37年2月株式会社呉造船所により新製され ここに艇体の原型が復元された。

(説明板より)

特殊潜航艇・甲標的


特殊潜航艇・甲標的

(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)



(平成18年3月20日)
特殊潜航艇・甲標的


特殊潜航艇・甲標的

(広島県江田島市・海上自衛隊第1術科学校)



(平成18年3月20日)

特殊潜航艇

特殊潜航艇が公表されたのは昭和16年12月8日太平洋に戦端が開かれるや長駆してハワイ真珠湾に潜入、航空部隊の攻撃と呼応して米国主力艦隊を強襲し緒戦を飾ったときであり、この特殊潜航艇の攻撃が太平洋戦争の特別攻撃隊の始めである。
その後、特殊潜航艇は逐次改良され「甲標的」と呼称されていたものは乙型、丙型、丁型と変移し、この段階で「甲標的」に代えて「蛟龍」という名称が用いられるようになった。
これらの特殊潜航艇は南方はるか豪州シドニー軍港に米豪艦隊を、インド洋はマダガスカル島デイエゴスワレス港に英国艦隊をそれぞれ急襲して連合軍を震撼させた。
また「特型運貨筒」「特型運砲筒」と呼ばれた艇はソロモン海域に物資や砲銃の輸送に従事し活躍した。
さらに戦場が、わが周辺に迫るに及び「海龍」が量産され「蛟龍」「回天」ともども本土決戦に満を持したのである。
まさに、特殊潜航艇をもって始まった太平洋戦争は特殊潜航艇によって終りを告げようとした。
特殊潜航艇の関係戦没者は370余柱に及んでいる。
戦後これら特殊潜航艇乗組員の功績と栄誉を敬慕し、その御霊をおまつりするため各地に慰霊碑が建立されているが、近在に建てられている碑は次のとおりである。

香川県小豆郡内海町馬木八幡神社境内「忠魂碑」
広島県安芸郡音戸町波多見八幡神社境内「嗚呼特殊潜航艇碑」
山口県徳山市大津島「回天」
愛媛県西宇和郡瀬戸町三机須賀の浜「大東亜戦争九軍神慰霊碑」
山口県熊毛郡平生町松倉工業内「回天碑」
山口県光市正門町武田薬品KK前「慰霊碑」

(説明板より)

旧海軍兵学校跡
海上自衛隊
第1術科学校・幹部候補生学校
(広島県江田島市)

旧・海軍兵学校跡


(平成18年3月20日)

学校の歴史

江田島は、風光明媚な広島湾に位置して、東は呉市に、北は広島市に、西は那沙美島を隔てて名勝安芸の宮島に相対し、南は佐伯郡能美島に連なり、また、早瀬大橋、倉橋島、音戸大橋を経て呉市に通じています。
海軍兵学校は明治21年(1888)8月東京築地からこの江田島に移転以来、アメリカのアナポリス、イギリスのダートマスとともに世界3大兵学校としてその名は広く世界が知るところとなりました。
終戦により昭和20年12月1日、約60年の幕を閉じました。
以後の10年間は連合軍が教育施設等に使用しました。
昭和31年(1956)1月返還され、当時横須賀にあった術科学校が当地江田島に移転、その後、昭和32年5月10日に幹部候補生学校が独立開校し、現在に至っています。

(パンフレットより)


海自第1術科学校の特殊潜航艇

昭和16年12月7日午前6時33分、哨戒から戻る途中のPBY偵察機が国籍不明の“小型潜航艇”を発見、発煙筒を2個投下した。
その艇は、工作艦「アンタレス」が鉄製平底船を曳航して湾内に入ろうとしている後ろをぴったりとつけて、開かれた防潜網を突破しようとしていた。
駆逐艦「ウォード」は、ただちに現場に急行し、午前6時45分、90mの至近距離にせまり、発砲を開始。
第2弾目を司令塔に命中させ、ついで爆雷攻撃を行った結果、同艇は急速に速力を落とし、左に傾斜して沈没、そのあとに多量の油が浮いた。
状況から察すると、「広尾艇」(広尾彰少尉・片山義雄二曹)か「古野艇」(古野繁実中尉・横山薫範一曹)であろう。

この特殊潜航艇は、昭和35年(1960年)6月13日に、真珠湾の湾口からダイヤモンドヘッドへ向かって、1.8km、深さ23mの海底から引き揚げられた。
翌年の7月10日、ハワイから横須賀に入港する海上自衛隊の上陸用舟艇「おおすみ」に積まれて日本に返還された。
返還された艇は原形に復元されて海上自衛隊第1術科学校に安置されている。

引き揚げ時、牡蠣かきが艇全体に付着して艇番号もわからず、司令塔に砲弾痕、電池室付近に爆雷攻撃を受けた痕跡があるほか、艇体の破損は少なかった。
2本の魚雷は装填されたままで未発射。
その火薬は、約19年間も海底にありながら有効だった。
衝撃的なことは、艇内に、2名の乗組員の遺骨、遺歯がなかったことだ。
遺留されたものは、作業着1着、靴1足、一升瓶1本のみで、艇内は整理されていた。
乗組員の姿が消えていることに関し、米海軍当局は、「搭乗員は沈没と同時に艇外に脱出、逃亡したものと推測される」とした。
その根拠として、@司令塔のハッチの掛金が内側からはずされている。A遺骨も遺歯もない。B艇の自爆装置に点火した証跡がない点を上げた。
搭乗員は、艇に万が一の事態が生じたときは、浮上し、敵陣に斬り込むために、各自が日本刀と拳銃を携行していたが、それも艇内にはなかった。
駆逐艦「ウォード」が午前6時45分に、この特潜の司令塔を砲撃しているということは、そのとき特潜は完全に浮上状態にあったわけである。
つまり、故障、予定の攻撃不可能と判断した2人の搭乗員は、上陸・斬り込みの覚悟で急ぎ艇内を整理し、拳銃と日本刀を身につけて、浮上と同時に司令塔かのハッチを開き、海中に身を躍らせたのではないか。
とすれば、「ウォード」が接近、砲撃し、爆雷攻撃を加えて沈没せしめた艇は、無人だったということになる。

(参考:牛島秀彦著 『九軍神は語らず』 講談社 1976年第1刷)

(平成23年9月28日追記)





特殊潜航艇関係の展示コーナー
(アメリカ合衆国・ハワイ・ボウフィン博物館)



(平成21年12月8日)

Five class A Japanese midget submarines are known
to have taken part in the attack on Pearl Harbor on 7
December 1941. Nearly 80 feet in length, the midget
submarines were armed with two torpedoes and
carried two−man crews. Twin−hulled and vulnerable
to depth charges, they relied on their small size and
high speed to escape detection.

One of the five midget submarines, Ha−19, under the
command of Ensign Kazuo Sakamaki, ran aground
off Bellows Air Field. Ensign Sakamaki swam to
shore, was captured by American soldiers, and
subsequently became the United States’ first
prisoner of war of World War U.

(説明板より) 



真珠湾攻撃時の写真
(ハワイ・ボウフィン博物館)

潜航艇の魚雷発射時の波か?


(平成21年12月8日)

Although Ensign Sakamaki was not successful in his
attempt to penetrate Pearl Harbor’s defenses on 7
december, two other Japanese midget submarines
did enter the harbor. The above photograph, taken
several minutes after the attack began, shows what
is believed to be a midget submarine launching its
torpedoes at the battleships OKLAHOMA and WEST
VIRGINIA.

(説明板より)

酒巻艇座礁の展示写真 ベローズ・フィールドの海岸
(ハワイ・オアフ島)
(平成21年12月6日・旅日記参照)

展示写真説明文(英文)

Ensign Sakamaki’s midget submarine, Ha−19, 
aground off Bellows Air Field, Windwward Oahu.
After considerable effort, the midget submarine was freed
from the reef and brought to Naval Submarine Base,
Pearl Harbor, Where it was Closely examined by Navy
investigators.

ベローズ陸軍航空基地跡
(ハワイ・オアフ島)
(平成21年12月9日・旅日記参照)



酒巻和男少尉の捕虜記録
(ハワイ・ボウフィン博物館)



(平成21年12月8日)

説明文(英文)

After Ensign Sakamaki was taken prisoner, an
immgration Interned Enemy Alien form was used to
record his vital statistics.(reproduction)



ハワイで捕獲された特殊潜航艇
(ハワイ・ボウフィン博物館)

米軍は特殊潜航艇を「Ha−19」と呼称。


(平成21年12月8日)

展示写真説明文(英文)

Ha−19 was displayed across the United States
mainland from 1942 through 1945 to help raise funds
during war bond drives. Here the midget submarine
is on exhibit at Hunter College in New York.




特殊潜航艇のスクリュー
(ハワイ・ボウフィン博物館)



(平成21年12月8日)

Ha−19 Propeller

One of two contra−rotating
propellers teken from the
Japanese midget submarine
Ha−19. Damage to the blades
was susutained when Ha−19
ran aground on a reef near
Bellows Air Field, on the
Windward side of Oahu,
8 December1941.

(説明板より)  





特殊潜航艇の魚雷発射管
(ハワイ・ボウフィン博物館)





(平成21年12月8日)

展示写真説明文(英文)

Sailors examine two torpedoes protruding from the
bow of Ha−19. The metal rings around the
torpedoes’heads are guards which were designed to
protect the weapons from accidental impact, which
could cause them to detonate.


特殊潜航艇の開発

「決死的特殊潜航艇」は、二次にわたる世界軍縮会議の結果、国防上はなはだ不安を感じていた帝国海軍が、満州事変勃発後の国際情勢悪化により、ますます軍備充実に迫られた上の苦心の所産物である。

昭和7年(1932年)の初め、当時艦政本部第1部第2課(水雷兵器担当)長だった岸本鹿子治かねじ大佐(酸素魚雷考案者)が、人間魚雷的潜航艇で敵艦を襲撃し、必殺必中を期す兵器を着想した。
これは、日露戦役で、佐賀県出身の横尾敬義少尉が、魚雷を抱いて、敵艦襲撃を企図したのにヒントを得たものである。

岸本大佐の特殊潜航艇(当初)の構想。
1、人間が乗り込むこと。
2、艦隊戦闘の場合に使用するものとして、米艦隊の1.5倍の水中速力30ノットとすること。
3、魚雷発射管を2門とすること。
4、航続距離は彼我砲戦距離を基に、魚雷発射後は戦場に留まり、後でこれを収容することとし、60キロとすること。
この兵器は、機密保持の上から、初めは「対戦爆撃標的」または「甲標的」と呼ばれ、後には「TB模型」、「H金物」という呼称が付けられた。

その後、改良を重ね、昭和14年(1939年)7月、第一次試作では、八九式53センチ魚雷を使用していたのを九七式45センチ酸素魚雷に換え、短波無線装置を設け、名称も「甲標的」に統一し、2基の製造を呉海軍工廠に発令した。
翌昭和15年4月末に第1基が、6月末に第2基が完成した。

(第二次試作艇の概要)
全長=23.9m(第一次試作艇より60cm増し)
直径=1.85m(第一次試作艇より26cm増し)
排水量=43.75トン(第一次試作艇より2.5トン増し)
電動機=600馬力
計画速力=25ノット
航続力=21.5ノットで50分、7ノットで16時間
蓄電池=224ボルト(224個)
安全潜航深度=100m
無線装置=短波1組(新設)
発射管=45センチ口径2基(第一次試作艇は53センチ口径2基)
魚雷=九七式酸素魚雷(第一次試作艇は八九式酸素魚雷)
     駆走距離5500m(第一次試作艇は5000m)
     炸薬300kg
乗員=2名

(参考:牛島秀彦著 『九軍神は語らず』 講談社 1976年第1刷)

(平成23年9月28日追記)


 平成21年3月19日

グアム島・太平洋戦争国立歴史公園ビジターセンター

日本軍の2人乗りの潜水艦

1944年8月半ば、沖合のアメリカ軍の施設を攻撃する目的で日本軍は2人乗りの潜水艦をタグチャ海岸付近で任務につけた。
しかし戦闘の結果1週間後に日本軍は敗退した。

日本軍は1934年から45年までの間約2,000隻の小型潜水艦を建造したが、すべて太平洋戦で沈没した。
これら潜水艦の戦果は、太平洋戦争を通じわずか1隻の敵艦を沈没させたに過ぎなかった。

1941年12月の真珠湾攻撃では5隻の日本軍の2人乗り潜水艦が沈没または行方不明となっている。
写真(右)の潜水艦はオアフ島東部で撮影された。

日本軍の潜水艦は全長80フィート。
乗組員2人が乗船するだけが精一杯で、乗り心地などは考慮されていない。
後に製造されたモデルは弾頭が搭載でき、敵艦への体当りの任務を負っていた。

(現地説明板)




太平洋戦争国立歴史公園
T.STELL NEWMAN VISITOR CENTER




(平成21年3月19日)

札幌護国神社・遺品館展示資料】

キスカ島の潜水艦基地写真


キスカ島に残された日本軍の潜水艦基地の爆撃跡。
1943年11月 キスカ島(アラスカ)

(写真説明文より)




(平成22年5月26日)



 トップページに戻る   兵器のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO