山村暮鳥 やまむら・ぼちょう

明治17年(1884年)1月10日〜大正13年(1924年)12月8日


群馬県出身
本名は土田八九十はくじゅう
明治41年(1908年)、聖三一せいさんいち神学校を卒業。
日本聖公会伝道師として各地を転任。
明治43年(1910年)自由詩社同人となる。
大正2年(1913年)詩集『三人の処女』を自費出版。
萩原朔太郎室生犀星と人魚詩社を起こし、『卓上噴水』を創刊する。
詩集『聖三稜玻璃せいさんりょうはり』を刊行。
鋭角的で鮮明な前衛的な詩風。
大正18年(1929年)刊の『風は草木にささやいた』では、人道主義的作風に転じる。
晩年は東洋的枯淡の境地に沈潜した。

(参考・引用:『日本史人物辞典』 山川出版社 2000年第1版)


山村暮鳥詩碑


詩碑
(茨城県那珂郡東海村・村松山虚空堂)




(平成22年3月29日)

「おう土よ生けるものよ その黒さに太古のかほりがただよってゐる」
録暮鳥詩 犀星
昭和十四年深秋

(詩碑より)

暮鳥詩碑の記

山村暮鳥 本名 小暮八九十 後 土田氏となる
明治17年1月 群馬町に生まる
長じて上京し 聖三一神学校を了え  伝道師として各地に転じつゝ 詩作に励み 日本近代詩史上に 不朽の足跡を残す
大正9年1月 居を大洗町に定め 多くの作品を 世に問う
殊に傑作「雲」を■表し 光芒を放つ
その間 村松に遊ぶ
大正13年12月8日長逝す
昭和12年 村松村長照沼信忠 村松山二世原隆明ら 暮鳥を敬慕する人々 詩碑建立のことをはか■
14年秋 たまたま萩原朔太郎とともに来水■ 暮鳥が友 室生犀星に書を乞うも 戦時下故を以て中絶せり
昭和47年春 照沼信邦 亡父の遺品の中に ■■書を見出す
詩集「土の精神」の一節なり
されば 同志相より 先人の素志を完うせんと■■ 立志以来四十年 暮鳥逝きて 五十有ニ年にして 茲にこの碑を建つ
感 無量なり
即ち その由来を刻し以て後世に残す

昭和51年12月
東海村長 川崎義彦 撰并書

(副碑・碑文より)

村松山虚空堂・山門

村松山虚空堂・山門
(茨城県那珂郡東海村村松8)



(平成22年3月29日)

村松皇大神宮こうだいじんぐうと虚空蔵尊こくぞうそん

村松皇大神宮、平安時代の初め桓武天皇の時代に、伊勢神宮の御分霊を奉斎したと伝えられている。
水戸藩主徳川光圀斉昭の崇敬厚く、本殿、社殿などを寄進され、ことに光圀は、佐々介三郎(助さん)に命じて神鏡を奉納している。
村松虚空蔵尊、宗派ー真言宗
平安時代の開山といわれ、伊勢の朝熊山あさまやま、会津の柳津やないずと並んで日本三大虚空蔵の一つで、弘法大師の作といわれる虚空蔵菩薩ぼさつを本尊にまつる。
菩薩は福徳智能を授け、厄除け、開運の守本尊として、徳川家康、徳川光圀などの尊信が厚かった。
今も「十三詣り」といって13才の子女が参拝すると知恵が授けられるといわれ、近郷からの参詣者が多い。

東海村

(説明板より)




 トップページに戻る   人物と史跡のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO