蒲生氏郷銅像 平成16年2月7日

蒲生氏郷 がもう・うじさと

弘治2年(1556年)〜文禄4年2月7日(1595年3月17日)

三重県松阪市・松阪市立歴史民俗資料館でお会いしました。


父親は近江国蒲生郡日野城主の蒲生賢秀。
永禄11年(1568)人質として織田信長のもとに送られたが、寵遇を受けて岐阜で元服、信長の女をめとって日野に帰城しました。
本能寺の変後、豊臣秀吉に属し、天正12年(1584)小牧・長久手の戦い後、伊勢国松ヶ島(松阪)城主となり12万石を領しました。
その後、小田原攻めの戦功により陸奥国会津42万石に移りました。
奥州各地を平定して92万石に加増。
文禄4年(1595)伏見で没しました。
石田三成の陰謀による毒殺説もあるが明らかではありません。
茶道では千利休の高弟。
キリスト教に帰依して、洗礼名はレオンといいました。


蒲生氏郷像 氏郷と望郷のうた

文禄元年(1592)秀吉の命を受けて京へ急ぐ途中、武佐むさの宿(現・近江八幡市)で氏郷はうたをよんだ。
おもひきや人のゆくへはさだめなし
我ふるさとをよそに見んとは
この像は郷里の空を望む姿である。

(松阪市立歴史民俗資料館・氏郷の像の説明文より)
(平成16年2月7日)



蒲生氏郷


 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO