児島惟謙像 平成19年11月6日

児島惟謙 こじま・いけん

天保8年2月1日(1837年3月7日)〜明治41年(1908年)7月1日

愛媛県宇和島市・宇和島城上り立ち門前でお会いしました。


宇和島藩士出身。
品川県権少参事などを経て、明治4年(1871年)司法省に入り、翌年司法省判事。
名古屋裁判所所長・大審院民事乙局局長・長崎控訴裁判所所長・大阪控訴裁判所所長・大阪控訴院院長などを経て、明治24年(1891年)大審院院長。
同年5月の大津事件(ロシアのニコライ皇太子暗殺事件)では、犯人・津田三蔵に大逆罪を適用して死刑を求める松方内閣の干渉をはねつけ、司法権の独立を守ったとされる。
明治25年(1892年)8月、いわゆる司法官弄花ろうか事件(司法官等の花札賭博)に連座して免職。
明治27年(1894年)5月から明治31年(1898年)4月まで貴族院勅選議員、第6回総選挙で衆議院議員に当選(進歩党)。
明治38年(1905年)貴族院議員に復帰。
第二十銀行頭取も務めた。
明治41年(1908年)72歳(数え年)で没す。


児島惟謙先生像


児島惟謙先生像

(愛媛県宇和島市市丸之内3−6−1・宇和島城上り立ち門前)

監修 清家 清
彫刻 澄川 喜一
岡宮美術鋳造(株)
黒髪石材(株)

(平成19年11月6日)

児島惟謙先生

先生は宇和島藩家老宍戸家の臣金子惟彬の二男として、天保8年堀端通に生まれた。
文武に優れ、幕末文久―慶応年間には諸国を往来奔走し、坂本龍馬等とも交った。
明治4年司法省に奉職、以来同25年まで司法界にあった。
この間関西法律学校(関西大学)の創立にも参画した。
その人となりは硬骨剛毅、良心と正義の人であった。
明治24年5月大津事件がおこり、国内を動揺させた。
この時政府要人はロシアの報復を恐れ、犯人を極刑に処すべく強く干渉したが、先生は大審院長として法の拡張解釈に反対し、ついに司法権の独立を守りとおした。
後に貴族院、衆議院議員、第二十銀行頭取となり、明治41年72歳で没した

昭和60年1月吉日
銅像建立実施委員会

(副碑・碑文より)

宇和島城上り立ち門



宇和島城上のぼり立ち門
(愛媛県宇和島・宇和島城ふもと)





(平成19年11月6日)

市指定 有形文化財
宇和島城上り立ち門

この門は、宇和島城にあった多くの城門の一つであって、搦手からめて口から城へ登る上り口に位置している。
規模は大きくないが、建築様式は薬医門やくいもん形式の切妻きりづま、本瓦葺であって、丸瓦先端には、伊達家の紋章の一つである九曜くようの紋がついている。
建造年代は明らかでないが、城郭じょうかく全体の大修築が行われた寛文年間(1661〜1672)と推定される。
諸矢倉・追手門・搦手門などの失われた今日において、この門は天守閣とともに、宇和島城の大切な遺構である。

昭和38年2月11日 指定
宇和島市教育委員会

(説明板より)


児島惟謙生誕地



児島惟謙の生誕地

(愛媛県宇和島市堀端町1−38・宇和島税務署脇)





(平成19年11月6日)
児島惟謙生誕地



児島惟謙の生誕地

(愛媛県宇和島市堀端町1−38・宇和島税務署脇)





(平成19年11月6日)

市指定 史跡
児島惟謙の生誕地

児島惟謙は、宇和島藩家老宍戸家の家臣金子惟彬の二男として、天保8年(1837)2月1日、ここにあった宍戸家の長屋で生まれた。
少年時から文武にはげみ、壮年になっては諸藩の志士と交わり国事に奔走した。
維新後は司法省に奉職して明治25年まで長い司法官生活を送った。
明治24年(1891)に大津市で巡査津田三蔵が当時来日中のロシア皇太子に傷害を加えたいわゆる大津事件が突発した。
その当時惟謙は大審院長として、いっさいの俗論をしりぞけ、政治的圧力にも屈せず、司法権の独立を守りぬいた。
このことはわが国の司法史上に不滅の光を放っている。

昭和38年2月11日 指定
宇和島市教育委員会

(説明板より)

児島惟謙先生出生地碑・碑文

明治25年5月未曾有ノ國難突■シテ擧國色ヲ表フ来遊中ノ露國皇太子一巡査ノ傷クル所トナレル所謂大津事件ナリ當時憲法實施セラレテ僅ニ半歳國家ノ重臣モ三権分立ノ大義名分ニ■セス然カモ國力ニ自信無クシテ偏ニ強露ノ報復ヲ恐ル此ニ於テ行政ノ大臣恣ニ罪案ヲ豫断シ枉ゲテ犯人ヲ死ニ■シテ露國ノ怒ヲ觧カント欲ス實ニ憲政初頭ノ一大危機ナリキ時ナル哉大審院長ニ其人アリ忠誠剛直富貴モ■スル能ハズ威武モ屈スル能ハズ政府ノ強■ヲ反■
シ擔當ノ七判事ヲ鼓舞激励シテ断乎公明正大ノ判決ヲ下サシム司法権ノ獨立ヲ危機一髪ニ救ヒテ台風一過暗雲拭フガ如ク萬國正理ニ■シテ天地清明旭日昭■タリ嗚呼護法
偉人抑モ之ヲ誰トカ為ス如何ノ山川カ此救國ノ英雄ヲ生メル■ハ天保八年二月一日地ハ■豫宇和島ノ城下人ハ即チ児嶋惟謙先生ナリ今ヤ裁判所構成法實施五十年記念祝典に際シ茲■■■生誕ノ■址ニ標ス行旅ノ過客足ヲ■メテ讃■之ヲ久シクセン如何ニ況ヤ郷■ノ後進朝暮碑ヲ仰イデ感奮興起セザランヤ

昭和十四年十一月一日
法学博士男爵穂積重達撰


児島惟謙

児島惟謙は天保8年(1837年)2月1日、堀端通りの宍戸家屋敷の長屋で生まれた。
惟謙の幼少時の境遇は、まことにみじめなものであった。
生後5ヶ月で母・直子(那保子)と生別、その後、里子にやられたり、野村の緒方家や岩松の小西家の使用人になったりして辛酸をなめた。
しかし、惟謙は、よくその逆境に耐えて文武の修業に励み、特に剣術をよくして、23歳の時には師範免許の腕前に達していた。
おりしも幕末、天下の非常時に際し、郷国にあって安逸に過ごしていることができず、元治元年(1864年)に出郷、その後、慶応元年(1865年)に、また同3年に脱藩して出郷して、諸藩の志士と往来して、勤王倒幕の企てに参加したりもしている。
明治4年(1871年)、司法省が設けられるに及んで、その年の12月、惟謙は司法省出仕に仕官。
明治25年(1892年)に大審院長の職を辞すまで、21年間、司法官生活を送った。
その間で、特に惟謙の名を高からしめたのは、かの大津事件に際して彼のとった毅然たる態度であった。
惟謙は退官後、貴族院議員、衆議院議員、第二十銀行頭取などの要職についたが、明治41年(1908年)7月1日、72歳で世を去った。

(参考:宇和島文化協会発行 『宇和島の自然と文化(6訂版)』 平成11年)

(平成22年11月28日追記)


屋敷跡



児島惟謙屋敷跡
(東京都品川区・大森貝塚遺跡庭園脇)





(平成20年3月6日)

土地由来

この辺りは、旧幕時代、天領で「大井村鹿島谷」と呼ばれ、幕府代官の支配地だった。
この一廓の南側に、今は暗渠となっているが、小川が流れ、これが大井と山王の境界をなしていた。
これは現在も変わらない。
この流れの水源は、大井・原(今、西大井4丁目)の水神池の湧水。
途中鹿島・庚塚遊園地の中程で品川用水と合流、この団地の下を流れて海に注いでいるもので、昔は当地を流れるときは渓谷をなし、岸には樹木が茂り、清冽な流れが滔々と音を立てる様は正に「鹿島谷」の名の所以を思わせるものであった。
小川の南側は山王地区で、江戸時代は旗本・木原氏の所領地。
前のバス通りは、律令時代の東海道で、江戸期には平間街道ともいった。
明治9年に「大森駅」が設けられると、翌、10年には貝塚が発見・発掘され、農地が宅地に造成され始め、華族や高級軍人・政商等の別荘が建ちはじめた。
この一廓(旧大井村鹿島谷2950−51番地)に、児島惟謙が広大な屋敷を建てたのは、明治36年ころのことである。
児島(1837〜1908)は大津事件のときの大審院院長として名をあげる。
大津事件とは、明治24年、当時の「ロシヤ」皇太子ニコライ2世が日本を訪問された際、5月11日滋賀県大津で護衛の巡査津田三蔵に切りつけられた。
時の松方首相や西郷従道内相らは、皇室に対する犯罪と同質であり極刑に処することを主張したが、児島は司法権の独立と裁判の神聖のため、あくまでも法律の明文によるべきであると主張し、その結果、津田は謀殺未遂罪として、無期刑に処せられた。
以上が「大津事件」の概要である。
児島はその後、大審院長を退任、貴族院議員などを歴任、退官後大井村鹿島谷に居を定め、地元との交流につとめ、大森倶楽部の創立にさいしては、発起人39人の首班として努め、これが実現するや初代委員長として、在住名士・財界人等と親交を深めた。
明治41年72歳で亡くなるまで、ここに居を構えていたのである。
因みに電話番号は「大森局 壱番」であった。

地史研究家 後藤浅次郎 記

(説明板より)


 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO